畑のエイリアンと呼ばれる「コールラビ」。見た目は、「うわ~!!」となるものですが、これがまた「すごいものだった!」と最近話題を呼んでいるのです。
畑のエイリアンのすごさ、アナタも体験してみませんか?

●コールラビについて

コールラビは、ブラナ科の野菜でキャベツと同じような感じです。まあ、キャベツではないので「同じ」ではないですが、「仲間」ですね。

食用にするのは肥大した丸い茎の部分。カリッと歯ごたえがよく、ほのかな甘味があります。
コールラビには淡緑色と紫紅色の2種類がありますが、どちらも風味や食感には変わりはありません。

コールラピの旬は、秋から冬です。ファーストフード店の商品で「コールスロー」というものがありますが、「コール」はドイツ語で「キャベツ」という意味です。
ちなみに、「ラビ」は「カブ」という意味ですから、キャベツとカブに味が似ています。

●コールラビの選び方

コールラビの選び方ですが、大きすぎると肉質が固くなるので、直径が5~7cmくらいのものを選ぶようにしましょう。
皮や葉に張りがあり、ふっくらとしているもので切り口がしおれていたり、実が割れているものなどは避けてください。

●コールラビの食べ方

コールラビの食べ方は、サラダ、煮物、炒め物、スープ、漬け物、酢の物などがあります。
そもそもコールラビは皮をむいて中の白い部分を食べますので、生のままサラダにして食べたり、シチューやスープなどの煮物料理にしてもとても合うと思います。
もちろん炒め物にしてもいいですよ♪

●コールラビを使ったレシピ

・コールラビのヘルシー冷製パスタ

【材料 (2人分)】
パスタ100g
コールラビ1個
バジルペスト大さじ2〜3杯
オリーブオイル適量
塩適量
ブラックペッパー適量
パルミジャーノ適量

【作り方】
①コールラビは葉を切り落とし、蕪の部分の皮を厚めに剥き、千切りにして軽く塩揉みしておく。
②鍋に水を入れ沸騰したら塩を入れ、パスタを入れ、指定の茹で時間で茹でる。
③パスタが茹で上がる寸前に塩揉みしておいたコールラビの余分な塩を軽く水洗いして、水気を切る。
④パスタをザルに上げ、冷水でぬめりを取りながら、素早く冷まして、水気をよく切る。
⑤パスタをお皿に盛り、コールラビを乗せたら、バジルペストをトッピングに盛る。
⑥ブラックペッパー、オリーブオイル、パルミジャーノを振りかけたら出来上がり。

・コールラビのマヨネーズ和え

【材料 (2人分)】
コールラビ1個
ニンジン 1/3本
ゆでたマカロニお好みで
マヨネーズ大さじ2~3程度
塩・コショウ少々

【作り方】
①コールラビは葉の部分を切り落とし、皮を剥いたら食べやすい大きさに切る。
②ニンジンをコールラビと同じくらいの大きさにカットしたら、沸騰したお湯でさっとゆで、マカロニをお好みの分量ゆでて、①②を合わせてマヨネーズをあえる。
③塩コショウで味を整えて完成。

・コールラビのお味噌汁

【材料 (2人分)】
コールラビ1/4
油揚げ1/4枚
お味噌(だし入り)適宜

【作り方】
①コールラビ1/4個は、3mm程度のあつさにきり、油揚げは7mm幅の短冊に切る。
②水にコールラビを加えて沸騰したら弱火にし3〜4分煮る。
③油揚げを加え、だし入りお味噌をといて出来上がり。

●さいごに

キャベツやカブにあきたら、コールラビを食べてみましょう。最初はお味噌汁から挑戦してもいいかもしれませんね。
いろいろなレパートリーを作って、たくさんの料理で楽しんでみてください♪

無農薬・有機栽培農産物の産直通販【ふるさと21】

kohlrabi_vegetables_violet

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)