デパートやスーパーに行くと驚くくらいたくさんのチーズが並んでいます。でも、実際に私たちが普段口にするチーズはそれほど多くの種類ではありませんね。チーズはとても美味しいけれどどのように楽しんだらよいかわからないと言った声もよく聞きます。ワインのお供としても最適なチーズ。チーズを楽しめるお店も探しちゃいましょう。


「チーズの基礎知識」

※チーズの種類

一口にチーズと言っても様々なタイプがあります。フレッシュなタイプから青かびのタイプまでありますね。タイプ別に美味しい食べかたがあります。それぞれのタイプについてみてみましょう。


「フレッシュタイプチーズ」

熟成させないチーズのこと。乳に乳酸菌や酵素を加えて固めて、水分をとると白い固まりができます。これがフレッシュチーズです。このタイプは他のチーズと比べて水分が多く、粒状あるいはペースト状をしており、軽い酸味とさわやかな風味が特長です。そのまま食べられる、くせのないチーズです。

カッテージチーズ、クリームチーズ、フロマージュブラン、モッツアレラ、マスカルポーネ、リコッタ、ストリングチーズなどがあります。


「ウォッシュタイプチーズ」

外皮を塩水や酒で洗いながら熟成させたチーズのこと。あまり馴染みがないかもしれませんね。
代表的なものはタレッジオ、ポン・レヴェック、ラングルなどです。


「ハードタイプチーズ」

製造過程でセミハードタイプのチーズよりももっと水分を少なくした(水分が38%以下)、大きく重量のあるチーズです。
エダムチーズ、エメンタールチーズなどは聞いたことがあるでしょう。近年口にする機会の多いパルミジャーノ・レッジャーノもこの仲間です。


「セミハードタイプ」

チーズを作る工程の中で、プレスして水分を38~46%と少なくした、比較的硬い(半硬質)チーズです。
ゴーダチーズがよく知られていますね。


「青かびタイプ」

カビを使うタイプですが、このタイプはチーズの中の方から熟成していきます。
ゴルゴンゾーラ、ロックフォール、スティルトンなどがあります。


「白カビタイプ」

表面が白いカビでおおわれているチーズのこと。白カビを表面に繁殖させて熟成させます。初めてみたときはびっくりした方も多いと思います。
カマンベール、クロミエ、バラカなどがあります。


「プロセスチーズ」

日本でもなじみの深いプロセスチーズは、ナチュラルチーズを1種類または数種類混ぜて加熱し、加工したものです。ナチュラルチーズに含まれていた乳酸菌やカビなどはこの時点で死んでしまいますので、チーズ特有の熟成というものがなく、味が一定で保存性に優れています。


「チーズが美味しく味わえるお店」

※CHEESE STAND

新鮮で出来たてのチーズが味わえるお店です。店内の工房でフレッシュチーズを毎日手作りしています。また、店内ではチーズの製造工程を見ることができます。出来立てのモッツアレラ&リコッタが初めての時はおすすめです。牛乳がチーズの個体になるときに分離してできる液体「ホエー」を季節のフルーツやリキュールで割った物が頂けます。

東京都渋谷区神山町5-8 1F

http://www.cheese-stand.com/menu/


※フロマージュ倶楽部


国産チーズは生産者から直接、市場に出回ることのない物を取り寄せています。チーズはその日ある物を全種類並べて目の前でカットしてくれます。チーズとの出逢を楽しめる場所がコンセプト。常時30種類以上のチーズがあるので好みのものを探してみるのも楽しそう。

http://www.fromageclub.com/


※ナチュラルチーズ専門店Fermier(フェルミエ)


フェルミエ」とはフランス語で「手作りの」とか「農家製の」といった意味があります。おいしいチーズを提供するために、チーズに合わせた専用のバックヤードスペースを設けられています。コンテ専用のカーヴでは毎週1~2回、スタッフが心を込め丁寧に磨き反転をしているそうです。

フェルミエ愛宕ショップでは、毎週パリやミラノなどから空輸されるフレッシュな季節のチーズを、常時200種類ほどストック、販売。チーズはもとより、オリーヴオイルやパスタなどの食材も他ではなかなか手に入らない逸品揃い。その他都内に店舗があります。

https://www.fermier.co.jp/


沢山の種類のチーズが並んでいるとどれも味わってみたくなりますね。今までに食べたことのないチーズに出会うのもとても楽しみ。寒い冬は美味しいチーズとワインで素敵な時間を過ごしましょう。




チーズ

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)