本日1月8日(金)から17日(日)まで、東京ドームでは「ふるさと祭り東京 〜日本のまつり・故郷の味〜」が開催されています。「ふるさと祭り東京 〜日本のまつり・故郷の味〜」は、2009年より毎年1月に開催している全国各地の名産品が集まる大規模な物産展。全国から伝統の祭りと故郷の味、B級グルメが集結するということで、毎年恒例の一大イベントなのです。

今まで新店舗、新商品のために数々の行列に並んできましたが、今回のイベントが一番人の多い行列だったと思います。とはいえ、さすが東京ドーム。人が飲み込まれるようにスムーズに入ることができました。

◆「ふるさと祭り東京 〜日本のまつり・故郷の味〜」会場の様子

IMG_1037
会場を入るとすぐに大きな灯籠が目に入りました。高さ17.6メートルもあるこちらは、秋田県能代市に古くから伝われている伝統的な夏の七夕行事で引き廻すものなのだそう。文献に残る灯籠を復活させた「天空の不夜城」、ふるさと祭り東京でも運行する予定だそうです!

IMG_1064

全国ご当地のゆるキャラも会場内では見ることができます。函館の名品が集まるブース付近では、北海道新幹線改行PRキャラクター「どこでもユキちゃん」と北海道観光PRキャラクター「キュンちゃん」に会うことができました。ゆるいです。

IMG_1062

青森県出身の私にとって函館牛乳は非常に懐かしく感じ、飲むヨーグルトを頼んでみました。とろっと濃厚な飲み口ではありますが、味はあっさりしていたのでしつこくないヨーグルトでした。うーん、函館に行きたい……。

IMG_1067

ご覧のとおり東京ドームいっぱいに会場は広がっています。全国の名品がひしめき合い、地域の元気を感じることができます。

◆「全国ご当地どんぶり選手権」のハーフどんぶりを食べる

2010年より開催している「全国ご当地どんぶり選手権」では、全国各地のご当地どんぶりが集まり、来場者の投票によってグランプリが決定されます。食べ比べできるように、1コイン500円でハーフサイズのどんぶりを楽しむことができます。

IMG_1057

静岡県の御前崎市ご当地グルメ検討委員会が提供する「夢咲牛ロースとビーフハヤシ丼」は、内閣総理大臣賞受賞歴のある最高級黒毛和牛「遠州夢咲牛」のローストビーフを使用した贅沢なハヤシライス丼。ローストビーフと旨味を凝縮したハヤシソースの相性が抜群です!

IMG_1056

青森県の日本で唯一のサバ料理専門店サバの駅が提供する「八戸銀サバづけ丼」は、前回準グランプリ。八戸前沖で獲れた銀サバは冷たい海流にもまれ、非常に脂が乗るのだそう。仕上げの辛子にんにくも効いていてペロッと食べてしまいました。

他にも「イケ麺スタンプラリー」「ご当地スイーツストリート」「ちょいのせ市場」などグルメを堪能できたり、「ご当地ゆるキャラ大集合」「青森ねぶた祭り」「高知よさこい祭り」など祭りを楽しめたりと盛りだくさんのイベント内容。懐かしい故郷のもの、新しい地方のものとの出会い。ぜひ皆さんも足を運んでみてくださいね!

ふるさと祭り東京2016
開催場所:東京ドーム
開催期間:2016年1月8日(金)~17日(日)
開催時間:
【8日】11時~21時
【9~11日】10時~20時
【12日】10時~19時
【13~15日】10時~21時
【16日】10時~20時
【17日】10時~18時
入場券:
当日券 1,600円
イブニング券 1,100円
平日限定当日券 1,300円
公式HP:http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato
 




IMG_1035

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)