独特の香りと美味しい味のニラ。昔からニラはスタミナをつける働きのあるものとして親しまれてきた野菜です。卵と炒めたり、餃子にきざんで入れたり、鍋やレバニラなど…美味しくいただくニラの調理方法は色々あり、家族みんなで美味しく食べて楽しむことができますよね!今回はこのニラが持つ栄養素やその効果、免疫力UPする働きや簡単レシピを紹介します。

☆ニラについて
ニラは「起陽草」とも呼ばれ、古くからスタミナ野菜として食べられてきました。その効能は

●免疫力アップ
●風邪予防
●整腸作用
●体力回復
●眼精疲労

など…ニラがもたらす効果はすばらしいものばかり!風邪をひきやすいこの時期にピッタリの野菜なのです。


☆旬
1月~3月ごろ


☆主な産地
高知、千葉など…


☆匂いの成分と栄養素
ニラには独特の匂いがありますよね。この深い匂いの成分は「硫化アリル」です。これは体力回復に効果をもたらしてくれるビタミンB1の代謝を活発にします。また、殺菌作用もあります。他にも貧血を予防する鉄分、むくみを解消するカリウム、イライラを鎮めるカルシウム、そして血流を良くしてくれるマグネシウムなども含まれています。ニラの栄養素ってたくさん!スゴイですよね!またB-カロテンも豊富に含まれているので体に抵抗力をつけてくれます!こんなに栄養たっぷりなのですね♪みなさんぜひ積極的に毎日の食事のメニューの中に取り入れてみてください!


☆免疫力アップ
いろいろな働きがありニラですが、中でも注目したいのが「免疫力アップ」の効果。寒くて風邪が流行るこの季節に、体の中に入ってきてしまった風邪の菌と戦うためには免疫力が必要ですよね。にらは、強い抗酸化作用があるのでのどや鼻の粘膜を保護してくれます。この殺菌作用の強い「アリシン」という成分は風邪の原因菌やウィルスなどが体の中に入ることを防ぐ働きを持っています!お子さんにも食べさせてあげたい野菜ですね。


☆ニラと相性の良い食べ物、レシピ
ニラに含まれるアリシンには疲労を回復させるビタミンB1の吸収を助ける作用があります。ですのでビタミンB1をたくさん含む食材と食べ合わせるとさらに効果があります。

●豚肉
●レバー
●豆類
●たまご

これらのものと一緒に摂ることでさらに疲労回復の効果が期待できます!また、油を使った炒め物もオススメ。ニラに含まれるB-カロテンの吸収を高めますし、ビタミンEを含む食材と一緒に摂るとセレンの働きが高まるので卵とニラの相性も抜群です!ニラ玉!ですね。

※調理のときはさっと熱湯にくぐらすと良いですよ。グッと甘みがでてさらに美味しく食べやすくなります。


☆新鮮なニラの選び方
ポイントは、茎に適度な弾力があるもの、根元の切り口がみずみずしいもの、葉が折れていないものを選ぶようにすることです!葉が折れているとビタミンCが損なわれていますので避けましょう。


☆ニラの保存方法
冷蔵庫で一週間くらいです。ニラは、そのままの状態ではあまり長持ちする野菜ではありません。冷凍保存ができます!冷凍保存する場合、よく水分を切ってニラをカットし、フリーザーバッグかタッパーに入れて冷凍庫へ入れましょう。このときしっかり水を切っておくとかたまりにならないので使いたい分だけ使うことができて便利ですよ!


いかがでしたか?身近な野菜、ニラ。こんなに栄養素がたくさんあり、体に良い効果があることを知ったらたくさん積極的に取り入れたくなりませんか?疲れているときやエネルギーが足りないとき・・・ぜひニラ料理を意識して作ってきてはいかがでしょうか。風邪予防や疲労回復に役に立つことでしょう。


腸がゲンキで体も超ゲンキ!!「メガサンA150」

3fa5fdf542e9777ef923321b2b44bb35_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)