ちょっぴり大人のお味の「チーズケーキ」は、甘いものが苦手と言う男性からの支持も高いケーキですね。レアタイプ、ベイクドタイプとそれぞれ違った味わいがあり、好みも別れるところです。あなたはどちらがお好みですか。美味しいチーズケーキのお店を探してみました。

「手作りちーずけーきせんもん店 やまぐち」

保存料など一切使用していないチーズケーキ専門店です。チーズはオーストラリア産のソフトで豊かな風味のものをメインにきめ細かくクリーミーなフランス産を使用しています。チーズ本来の味わいを感じることのできるチーズケーキです。チーズ&チーズ、バナナ、ラムレーズン、イチゴのレアチーズケーキ、グレープフルーツのレアチーズケーキがあります。

http://c-cake.sakura.ne.jp/index.html

「西洋菓子しろたえ」

ケーキ好きには昔から有名な名店です。こちらのチーズケーキは1日に500個も売れると言われています。2種類のデンマーク産クリームチーズを使ったレアチーズケーキは何度食べても飽きない美味しさです。濃厚なのにくどくないという素晴らしいチーズケーキ、1個260円です。

「タント・マリー」

フランス料理店から始まったチーズケーキ。フレンチでのチーズの知識を生かして作られたというカマンベールチーズケーキは最高。ノルマンディのA・O・Cカマンベールチーズをたっぷりと使い、甘さを控えて贅沢でコクのあるケーキです。ワインとの相性も良く大人のお味。生きているチーズを使っているので季節によって多少の味の変化があるというのもいいですね。直径15㎝のものが4,320円、直径12㎝のものが2,592円です。

http://www.tante-marie.com/top.html

「ヨハン」

1978創業の老舗チーズケーキ店、こだわりのチーズケーキの味は天下一品です。愛してやまない人が大勢いらっしゃいます。チーズケーキを知ったのはこちらからと言う方も。「旧約聖書」にセム族が牛乳を飲み、チーズを食べたとの記載があります。紀元前3000年にさかのぼり、マリの遺蹟からは生のチーズケーキを焼いたと思われる焼き型も出土されています。ヨハンはわが国でたった一軒、伝統のチーズケーキの味を届けているお店です。ナチュラル、メロー、ブルーベリー、サワーソフトの4種類の味があり、1カット 380円です。

http://johann-cheesecake.com/ja/

「パリ セヴェイユ」

スイーツ激戦区自由が丘にある中で人気のお店。店名はパリの目覚めと言う意味だそうです。店内にはパリのラジオが流れていて気分はパリの街角です。「コム・ニューヨーカー」と言う名前のチーズケーキはレアタイプ。濃厚な中にレモンの酸味がアクセントになっています。上に載っているシュトロイゼルのサクサク感もいい感じ、1個 580円です。

「麻布チーズケーキ Cinq Cinq(サンクサンク)」

全国各地の厳選した果物や野菜と上質なチーズを使用した色とりどりのチーズケーキ。見た目にも綺麗でどれを食べようか迷ってしまいます。麻布チーズケーキ、チョコチーズケーキ、ゆずチーズケーキ、ブルーベリーチーズケーキ、りんごチーズケーキ、いちごチーズケーキ、いちじくチーズケーキ、とまとチーズケーキ、カボチャチーズケーキの他に季節限定のものがあります。

http://www.azabu-cheesecake.com/information.html

「シュン」

濃厚でいながらシンプルなチーズケーキが食べられます。中野にあるチーズケーキ専門店です。様々な種類のチーズケーキがあります。どれもが甘さ控えめでチーズの美味しさが引き立っています。定番のジャーマンはレアチーズケーキ。コスモポリタンがベイクドタイプ。ジャーマン340円、コスモポリタン330円です。

チーズケーキはいつ食べても飽きませんね。大人の味だからでしょうか。お酒のお供に食べるのもいいですものね。チーズケーキを食べるとちょっと大人になったような気分になったのを思い出しながら、いただきましょう。



a70fed70fbcbc4d72ec85ae28694e953_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)