「空港」というと一昔前は飛行機に乗るためだけに行くところでした。でも今はそんな時代ではありません。各地の空港がそれぞれ魅力的になっているのです。旅の行き帰りに寄ってみるのもよし、近くならその為だけに行ってみるのもありだと思います。各地の空港のおすすめをみてみましょう。

◆成田空港

「すし京辰」 成田空港第一ターミナル制限区域内

恵比寿に本店があるお寿司屋さん。制限区域内のため出発あるいは乗継の方しか利用できませんが、とても人気があります。窓から見える飛行機を見ながらいただくお寿司というのもいいですね。海外に行く前にお寿司を食べたいというのは何となくわかる気がします。また海外の方にもお寿司は人気が高いですので、喜ばれているようです。

「だし茶漬け えん」 成田空港第一旅客ターミナル中央ビル 本館4F

様々なところにあるだし茶漬けえんが成田空港に出店しています。家で食べるお茶漬けとは一味違った出汁の効いたお茶漬けはどれも満足感いっぱいになります。時間がない時でもさらっと食べられて、お腹に優しい感じです。色々と種類豊富なので次はどれを食べようか迷ってしまうので次回のお楽しみに考えておくのも良いでしょう。

◆羽田空港

「ヒトシナヤ」 羽田空港第一ターミナル

朝ごはん、どんぶり、ラーメンの3店舗を1つにまとめた小さな町家がイメージのお店です。空港内とは思えない静かなのも好評です。美味しい朝ご飯が旅立つ前に頂けるのはとても嬉しいですね。釜炊きのご飯はホッと心を和ませてくれます。なかなか家では頂けない充実した内容の朝ごはんなので男女ともに喜ばれています。どんぶりは、親子丼、豚丼、魚丼の3種類。その日の気分で選びたいですね。

「エアターミナル キハチ」 羽田空港第一旅客ターミナルビル マーケットプレイス5F

空港とは思えない本格的なお料理が頂けるレストランです。飛行機を見てゆっくりとご飯が食べたいときにおススメです。パスタやカレーもあるので急いでいる時にはそちらを選ぶと良いでしょう。やはり女性に人気が高いようです。

「つるとんたん」 羽田空港国際線ターミナル

うどんの大人気店つるとんたんが羽田にもあります。つるとんたんは各店舗でコンセプトも趣も全く違っているそうなのでそこも楽しみです。朝6時から夜11時半までやっているので朝食や夜食にも食べられてうれしい限りです。

「551蓬莱」 関西空港第一ターミナル

大阪名物豚まんの蓬莱が空港にあるのは嬉しいです。豚まんだけでなく中華料理も頂けるのでお土産だけでなく利用するとよいですね。名前は聞いたことあるけれど食べたことはない人もいらっしゃるのでお土産は意外と喜ばれると思います。豚まんの他にも肉団子、ラーメン、ちまきもありたくさん買いすぎないように注意しましょう。

◆新千歳空港

「えびそば 一幻」 新千歳空港国内線ターミナルビル3F

シンクのどんぶりに入ったエビそばはインパクト大。えびの風味の効いたスープ、天かす、えび粉とあまり他では見かけないラーメンです。極太麺、細麺と麺の種類、しお、しょうゆ、みそのスープの種類、えびの風味の強さを選ぶことができますので好みに合わせて頂きたいですね。東京でも食べられますが、本家北海道で味わってみたいと思うのは筆者だけではないはずです。

「朝市食堂」 新千歳空港ターミナルビル1F

レトロな雰囲気の漂う人気の海鮮処です。やはり北海道なので海鮮は外せないはず。朝市の生うに丼は浜から直送の新鮮な生うにを使っています。もちろん人気のメニュー。1,000円プラスして生うに特盛にしてしまうのもたまにはいいのでは。

空港に行くと気分が高揚してしまうのは筆者だけでしょうか。飛行機を見ながら美味しいものを食ベルのも意外と楽しいものです。各地の空港に色々なお店が入るようになり旅の楽しみも増えましたね。あなたはどれが食べてみたいですか。

台湾のWi-Fi

bf4705b8b31bd8a363ba6ee063ac232d_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)