春になると外気の気温が上がるとともに私たちの身体も代謝が上がります。冬は溜めこむ季節と言われ、必要なエネルギーだけではなく不要な老廃物も溜め込んでしまいます。この溜め込んだ老廃物、毒素を、代謝の上がる春に思い切り排出しましょう!中医学の考えでみるデトックス効果の高い食材を5つご紹介します。


・生姜

生姜を蒸したのち、乾燥させたものは『乾姜(かんきょう)』と呼ばれ、生薬として用いられています。生姜は身体を温める『温性』の性質をもつので、寒気の強い風邪、冷え症、血行不良でお悩みの方におススメの食材です。お腹を温めてくれるので、冷えからくる下痢、腹痛の方にもお勧めです。ほてり気味の方が多食しますと、ほてりが悪化することもあります。多食にはご注意ください。特に体表に効くと言われ、毛穴を開き発汗作用があるため、身体が冷えると感じる方もいらっしゃると思います。また、身体の中の毒素が排出することで一時的に肌に湿疹が出る事もあります。このように肌荒れが気になるという方もご注意くださいね。生姜には解毒・消臭作用があります。カツオなどのお刺身と一緒に頂くのは理にかなっているといえます。


・菜の花

春が旬の緑黄色野菜、菜の花は春に崩しやすい肝臓の機能を整えてくれます。カロチンやビタミンCが多く含まれ、免疫力を高めてくれます。季節の変わり目の春は体調を崩しやすく風邪予防としても摂りたい食材ですね。血行を促進し、解毒作用がありますので、肌荒れ、炎症でお悩みの方は積極的に摂ってくださいね。ニンニクと合わせた菜の花のペペロンチーノなど、お浸しとしてだけではなくイタリアンにも合いますよ。


・にんにく

滋養強壮作用で有名なにんにく。身体を温める作用があります。特に生のにんにくは熱性の作用があり、加熱したものよりもより温める作用が強いと言われていますので、冷え症の改善にもなります。ほてりが気になる方は多食に注意をしてくださいね。『気』と『血』の巡りを良くしてくれます。内臓を温める事で機能が活性化します。お腹を温めてくれるので、冷えからくる下痢の方にもおすすめです。デトックス(解毒)作用、強い殺菌作用があります。韓国ではニンニク風呂に入る方も多いとか!?韓国美女の美肌の秘訣もニンニクのデトックスパワーかもしれませんね。


・たけのこ

春になると筍ごはん、筍の煮物が食べたくなります。とても美味しくついつい食べ過ぎますが、実は筍は『寒性』の食材。身体を冷やす作用がありますので、冷え症の方は必ず温かい調理法で頂きましょう。胃腸の弱い方も多食は注意しましょう。身体の余分な熱、水分を排出してくれます。むくみの予防に効果的です。また、デトックス効果、便秘でお悩みの方にもおすすめです。


・しじみ

肝機能向上食材として有名なしじみ。肝臓には解毒機能があり、アルコールの解毒・分解処理をします。お酒の飲み過ぎは肝臓機能に大変負担がかかりますので、シジミのスープやお味噌汁を飲むことで肝機能を高めたいですね。また、しじみは寒性の性質があり、身体の余分な熱を冷まします。余分な水分を排出する効能があるため、むくみが気になる方にもおすすめです。寒性の性質は身体を冷やす作用が強いので、冷え症の方は温かくしていただき、摂りすぎには注意してください。栄養学でみると、シジミはアミノ酸スコア『100』であり、必須アミノ酸がバランスよく含まれた食材です。また、カルシウム含有量は100gあたり130mg。ちなみに牛乳は110mgですので、含有量の高い食材と言えます。デトックスに、骨粗鬆症予防にも、積極的に摂りたい食材です。


特に菜の花、タケノコなど、旬の食材にはパワーがあります。春に限りませんが、旬の食材を積極的に摂り、自然界からのパワーを取り入れましょう。


生姜商品専門店♪【生姜×酒粕】ダブルで嬉しいサプリメント☆

ginger-803017_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)