日本では昔から行事と食事の関係が密接にあり、食事に意味をもたせることで今後の健康や幸せを願うとともに祝福してきました。春の代表的な行事といえば3月3日、ひなまつり。桃の花が咲くころに行われることから桃の節句とも呼ばれ、女の子の幸せと健やかな成長を祈ります。

ひなまつりの起源は中国で、3月上旬の上巳の日に川で身を浄める禊ぎの習慣があり、これが平安時代に日本に伝わったとされています。その習慣は川に人形を流して厄災を祓う「流し雛(ながしびな)」の風習へと変化しました。一方で日本では江戸時代に京の貴族階級の子女に人形遊び(ひいな遊び)が広まっており、ひいな遊びで使われていた紙の人形も厄払いの人形と一緒に流し雛として川に流されていましたが、より立派な流し雛が作られるようになると、人々は人形を川へ流すのを止めて飾るようになったと言われています。これがひなまつりの始まりとされています。

ひなまつりの代表的な食事として、はまぐりの吸い物や菱餅(ひしもち)、ひなあられや白酒(しろざけ)、ちらし寿司などがあげられ、それぞれの料理に縁起の良い意味が込められています。

■ちらし寿司

ちらし寿司は昔から祝い事やめでたい日に食べる料理として食べられてきました。実はちらし寿司自体に深い意味はなく、ちらし寿司に使われている具材を縁起物として大切にしてきたようです。

例えば、エビは長生きの象徴で「腰が曲がるまで長生きできますように」と願いを込めたもの。れんこんは「将来の見通しが良くなりますように」。豆は「まめに働き、まめに生き、健康でいられますように」という願いを込めたもの。そこにみつば、玉子、にんじんなどの華やかな彩りを添えて食卓を明るくし、新しい春を呼ぶのにふさわしい料理として、ひな祭りでは親しまれてきたようです。

また、3月は季節の変わり目で体調を崩しやすいことから、健康を願って体にいいものをたくさん盛り込んだちらし寿司を食べていたことが始まりともいわれています。

■はまぐりのお吸い物

二枚貝は昔から「お姫様」を意味しており、はまぐりの貝殻は対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。このことから、はまぐりは仲の良い夫婦を表わし、生涯を一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物になりました。

最近ははまぐりの代用品としてあさりなどの貝類もよく使われていますが、いずれにせよ、二枚貝であることの意味は忘れずにいたいものです。

■ひなあられ

ひな祭りの代表的な和菓子、ひなあられ。餅に砂糖を絡めて炒って作られており、菱餅を外で食べられるように用意されたものといわれています。

ひなあられは菱餅と同じ白、赤、緑の3色。それぞれ大地、生命、木々のエネルギーを意味しており、ひなあられを食べることで自然のエネルギーを体内に取り込み、健やかに成長できますようにという願いが込められているという説と、白は清浄、赤は魔除け、緑は健康と長寿を意味しており、健やかな成長を願っているという説があります。

これに黄色が加わった4色のひなあられもあり、これは四季を表現していると言われもあり、雪をイメージした白と春をイメージした赤で「寒い冬が終わり、あたたかな春が新たに芽を出している」ことを象徴しているとも言われています。

■甘酒

もともとは桃の花びらを漬けた「桃花酒」というものが飲まれていたと言われています。桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすということで、薬酒のひとつとして中国から伝えられたのが始まりといわれています。

江戸時代からは、みりんに蒸した米や麹を混ぜて1カ月ほど熟成させた「白酒」が親しまれるようになりましたが「白酒」はアルコール度数10%前後のお酒であるため大人しか飲めません。そこで子供も飲めるように米と米麹から作られたノンアルコールの甘酒が用意されるようになったといわれています。

ひな祭りの料理は女の子の健やかな成長と生続く幸せを願うものばかり。ひとつひとつに込められた意味を知ることで、より行事を楽しむことができ、大切にしようという気持ちが沸いてきます。今年のひな祭り、みなさんはどんな料理を食べて過ごしますか?



9fd72714670e4812ba7f4b83fa1573ed_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)