読者の皆様は、お酒は好きですか?仕事や付き合い、デートやイベントとお酒を飲む機会はいろいろですが、ほろ酔い程度のお酒は場を楽しくしますね。楽しく飲んでいるうちについつい飲み過ぎてしまい次の日は二日酔いで辛い朝を迎えるなんてことありませんか?「酔う」と身体のなかで何が起こるのでしょう? 今回は「酔う」についてのお話です。


<酔うってどういうこと?>

一般的にアルコールが1%以上含まれる飲料を総称して「お酒」と呼びます。私たちが飲んでいるアルコールとはエタノールです。アルコールが身体に入ると胃と小腸から吸収され肝臓へと運ばれ肝臓でアルコールは分解されるのですがどんどん運ばれていくるアルコールをすぐに肝臓で分解することはできないため分解されないアルコールは心臓へと運ばれます。さらにアルコールは心臓からから血流に乗り全身に運ばれていきます。アルコールは、血流に乗り脳にも運ばれ脳を麻痺させ酔った状態を作ります。脳にアルコールが運ばれるまで個人差はありますが30分〜1時間程度かかるため飲酒を始めてもすぐには酔わないのです。


<酔いの程度で身体はどう変化する?>

酔うっている程度は、脳がアルコールでどれくらい麻痺しているかで測ることができますが、脳のアルコール量を測ることはできないので血液のなかのアルコール濃度によって酔いの程度を分けることができます。酔いの程度は、血中のアルコール濃度によって6段階に分けることができます。

1.爽快期:血中濃度 0.02~0.04%
・楽しく、さわやかな気分になる
・顔の紅潮や皮膚が赤くなる
・判断力が少しにぶる

2.ほろ酔い期:血中濃度 0.05~0.10%
・ほろ酔いで冗舌になるなど普段の様子とは変化がみえる
・ボディーランゲッジなど動作が活発になる
・理性が失われる
・体温が上がる
・脈が速くなる

3.酩酊初期:血中濃度 0.11~0.15%
・気が大きくなる
・周囲を気にせず声がおおきくなる
・感情的になる
・足元がふらつく

4.酩酊期:血中濃度 0.16~0.30%
・千鳥足になる
・何度も同じことを話す
・呼吸が速くなる
・吐き気や嘔吐

5.泥酔期:血中濃度 0.31~0.40%
・姿勢の維持ができなくなり立ち上がるのも困難になる
・意識がはっきりしない
・支離滅裂になる

6.昏睡期:血中濃度 0.41~0.50%
泥酔期よりも身体機能が低下した状態になり酷い場合には、麻痺が脳全体に広がり呼吸中枢(延髄)も抑制された状態となり死にいたることもある。


<どのくらいの量のアルコールで酔うの?>

個人差はあるものの飲酒のアルコール量と酔いの関係には以下のような目安があります。

1.爽快期
・ビール(中びん) ~1本
・日本酒 ~1合
・ウイスキー・シングル ~2杯

2.ほろ酔い期
・ビール 1~2本
・日本酒 1~2合
・ウイスキー・シングル 3杯

3.酩酊初期
・ビール 3本
・日本酒 3合
・ウイスキー・ダブル 3杯

4.酩酊期
・ビール 4~6本
・日本酒 4~6合
・ウイスキー・ダブル 5杯

5.泥酔期
・ビール 7~10本
・日本酒 7合~1升
・ウイスキー・ボトル 1本

6.昏睡期
・ビール 10本以上
・日本酒 1升以上
・ウイスキー・ボトル 1本以上


<お酒の1単位ってなに?>

アルコール摂取量の基準としてお酒の1単位という表現を使用します。1単位とは、純アルコールに換算して20gです。1単位を基準にすることで種類の違うお酒を飲んだ場合でもアルコール量を知ることができます。1単位を各種アルコール飲料に換算すると、ビール中びん1本(500ml)、日本酒1合(180ml)、ウイスキーダブル1杯(60ml)、焼酎0.6合(110ml)が目安となります。あくまでも平気的な量ですが1単位が分解されるのに男性では2.2時間程度、女性では3時間程度かかるようです。


<楽しい飲酒を心がけましょう>

人が飲酒をして楽しく過ごせるのは、ほろ酔い気分までのようです。今回のコラムを参考にご自分の適量を見直してみてはいかがでしょうか。




bar-209148_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)