まもなく移転する築地市場。場外はそのまま残されるということですが、やはり東京都民いえ日本の台所と言っても過言ではない築地市場が様変わりするのは寂しいものがあります。外国人にも人気の築地市場で人気のグルメ、を味わってみましょう。

◆築地市場

築地市場は、都内に11ある東京都中央卸売市場のうち最も古い歴史を持つ、水産物、青果物を取り扱う総合市場です。その供給圏は、都内だけでなく関東近県に及んでいます。特に水産物については世界最大級の取扱規模です。また、新しい築地市場は「築地魚河岸」という名前で11月に豊洲にオープンします。

◆築地場外市場

築地場外市場には、海産物を始めとして青果、加工品など沢山の食料品を扱うお店が並んでいます。厨房機器まで揃える事ができるまさに食の殿堂なのです。食事をするところだけでも沢山あるので、決めてから行かないと決めることができないかもしれませんね。

・築地グルメ

あえて海鮮以外のところからいってみましょう。


「鳥めし 鳥藤 分店」

鳥肉専門店の人気の鳥料理屋屋さん。焼き鳥とそぼろが乗ったお重は開けたとたん香ばしい香りにノックアウトされます。卵トロトロ親子丼もしかり。築地はやっぱり食の宝庫だと心から思えます。珍しいぼんじり丼もありますので、ぜひ、召し上がれ。甘辛のタレと温玉がやみつきです。

東京都中央区築地4-8-6

「フォーシーズン」

何屋さんかと思えば昔ながらの喫茶店。レトロなムードが漂います。キャベツがタップリ乗ったナポリタンに哀愁を感じつつ、他のメニューも気になります。12種類あるパスタメニューのスープパスタが7種類。手頃なお値段で具がたっぷりのパスタを頂けます。

東京都中央区築地4-14-18

「長生庵」

言わずと知れたお蕎麦屋さん。築地でお蕎麦といえばここなのだそうです。観光客よりも築地で仕事をしている人が集まります。お蕎麦のみならずお酒に合うメニューも充実しているのが人気の秘密かもしれませんね。カレー蕎麦が人気のようです。キムチカレーつけ蕎麦なんていうメニューもあります。

東京都中央区築地4-14-1

「きつねや」

ホルモン丼で有名ですね。八丁味噌をベースにした特製ダレで国産牛のコプチャン(小腸)、フワ(肺)、コンニャクなどを煮込み、ご飯にかけるとどんどんご飯が進んじゃうそうです。八丁味噌がいい仕事をしてくれているのでしょうね。タレは昭和22年の創業当時から継ぎ足された秘伝のものだそうです。美味しいワケですよね。

東京都中央区築地4-19-12

・お持帰りグルメ

「幸軒」

昭和25年創業の昔懐かしい味を守り通している中華屋さん。1個150円のシュウマイは豚バラ肉と玉ねぎのみで作られているのだそう。かのテリー伊藤さんも子供の頃から大ファンと言うからぜひ食べてみたい1品です。夕飯のおかずに買って帰りましょう。大きさも普通のシュウマイの2倍くらいあります。

東京都中央区築地央区築地4-10-5

「パン工房 ル・パン」

築地名物「あんこクロワッサン」(200円)。お店の奥で随時焼かれているので、いつでもパリッとしたできたてが楽しめます。一口食べればバターの豊かな香りが口いっぱいに広がり、甘すぎないあんことの相性も抜群。

「丸豊」

おにぎりの専門店。珍しいおにぎりがいっぱい。見るだけでも楽しい。美味しいお米、厳選された具、そして丸々としたフォルムにほっこりします。バクダンは半熟卵が丸々1個入っていて頬張ると黄身がトロリと溢れてきます。揚げ玉、ネギ、鰹節が入って味付けされたたぬきも人気。おにぎりを頬張る幸せを満喫しましょう。

東京都中央区築地4-9-9

賑わう築地へ早朝から行き、朝食、そしてランチを食べ、最後に夕食用のお買い物をして帰れば1日充実して過ごせるでしょう。さあ、仲良しさんを誘って築地へGO!

築地市場ドットコム

380f5d216694ecae819674a8944490ab_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)