前編では【腸内環境が悪くなってしまうと、身体にどういった不調を起こしてしまうのか?】というお話をさせていただきましたが、今回はその腸内環境を整えるためには、どんな食品がベストなのか?という話に移っていきたいと思います。


【人気のホットヨーグルトって一体何が体にいいの?】

便秘解消のために何が一番摂取した方がいいのか?と考えた時に、皆さんが一番頭に思いつきやすい食品は“ヨーグルト”でしょう。女子の中では毎日食べるという人も多いほど、腸内の環境を整えるにはヨーグルト!という認識が強いと思います。そんなヨーグルトは、冷たいまま食べるというのが一般的でしたが近年そのヨーグルトを温めて食べるホットヨーグルトが人気の模様です。そのままでも腸に良いとされているヨーグルトですが、温める事でより効果を高くさせるというのですから驚きです。では、ホットヨーグルトについて何故身体にいいのか?どんな効果、効能があるのか?などをお話していきたいと思います。


【ホットヨーグルトの便秘解消効果とは?】

普通のヨーグルトとホットヨーグルトではどんな違いがあるのか?どんな点が優れているのか?というと、ヨーグルト自体がビフィズス菌が含まれているので、腸内環境を整えてくれる善玉菌が豊富な食品なのです。そして、その腸に嬉しい善玉菌が活発にするためには、ある程度の温度が必要とされているのです。ですので、ビフィズス菌をちゃんと体内に摂取しようと思うのであれば、冷蔵庫でキンキンに冷やしたヨーグルトではなくて少し温めたホットヨーグルトの方が、腸内にビフィズス菌は届いてくれるのです。そして、その他にも腸内環境を整えるためには腸をまず冷やさないという事が重要です。冷たい食べ物や、飲み物が好きという人はやはり腸は冷えていってしまいます。内臓を冷やしてしまうものは、消化活動が鈍ってしまうので余計に便秘を悪化させてしまうのです。そのためホットヨーグルトは腸内を温めてくれるので、内臓を冷やすことなく腸内へ運んでいってくれます。

ヨーグルトは温める事で、カルシウムの吸収もよくなるということがわかっており、カルシウムは副甲状腺ホルモンの働きを促進してくれる重要な役割なのです。副甲状腺ホルモンの分泌が鈍ってしまうと、身体にとって要らない脂肪分や栄養分の排出ができなくなってしまうので、その分太りやすくなってしまいます。ホットヨーグルトは便秘解消というだけではなく、ダイエット効果も十分期待できる食品なのです。


【ホットヨーグルトの作り方】

ホットヨーグルトは極めて簡単に出来ます。ですが、どんなヨーグルトでもいいというわけではありません。ヨーグルトが甘く食べやすいデザート食品であるのは日本位の感覚で、本場のブルガリアやトルコではヨーグルトを加熱したりして食するのは当たり前の文化です。そして、日本のヨーグルトは砂糖や寒天など糖質が含まれているものが多いので、ホットヨーグルトを食べる時は添加物や糖質など何も加わっていないプレーンヨーグルトが一番最適だと思います。そして温める温度はアツアツで食べられない!というくらい温めるのではなくて、人肌程度が理想だといわれています。そうでないと体に良いとされる善玉菌が死滅してしまう恐れがあるのです。そして温め方法ですが、電子レンジで簡単にできるので、時間をかけることなく体のことを考えられるので維持をしやすい健康法ですよね。


ホットヨーグルト食生活の中で取り入れている女子は最近多く、いつまでも美しくありたいのであれば、まずは腸内環境を整えることから始めてみましょう。




dessert-447165_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)