ついこの間まで寒いと思っていたのに、あっという間に温かい日が続いています。温かくなってくるとやっぱりおいしいのが春野菜。春野菜と言われて思い浮かぶのは何種類ありますか。春野菜のお手軽なレシピとその栄養素について注目してみましょう。

<有名な野菜、キャベツ、アスパラガス、たけのこ>

・キャベツ

春キャベツと言われるほど、春が1年で一番おいしいキャベツの季節ですね。キャベツといえばおいしく食べるレシピがたくさんあります。お好み焼きやお肉との炒め物、ごま油と塩だけであえてサラダのように食べる他、とんかつなどの揚げ物の付け合わせとしての千切りきゃべつなど。火を通しても、生のままでもおいしいレシピがいっぱいあります。

キャベツには実は大切な栄養素が隠れています。その成分とはビタミンUであるキャベジンという成分です。このビタミンUは傷ついた胃腸の粘膜の修復に役立つ細胞を作る材料になるため、揚げ物などでもたれた胃にはぴったりです。

ただし、このビタミンUは水溶性ビタミンのため、熱に弱く、この栄養素のことだけを考えると生で食べる方がおすすめです。また、加熱する際には水溶性、という特徴をうまく使ってスープに入れれば水に溶けてそのスープごと飲んでしまえば栄養素を漏れなくとることが可能です。

・アスパラガス

次にアスパラガスですが、バターで焼くだけでおいしいですよね。最近はミニアスパラガスという種類もあり、茎の部分もとても柔らかいので小さな子どもでもとても食べやすくおいしいです。

このアスパラガスにも大切な栄養素が隠れています。それがアスパラギン酸です。アスパラ以外にも豆類、もやしなどにも含まれていますが「アスパラ」と名前がついているのは、このアスパラギン酸という成分がアスパラガスから発見されたからです。このアスパラギン酸には体内で様々な生合成に関わる特徴があるので、疲れやすいなと感じる、代謝が悪いなと感じる方にはおすすめの栄養素です。

・たけのこ

春といえばやっぱりたけのこです。たけのこというと、下処理が面倒ですよね。あく抜きをしないといけない、茹でないといけない、など。でもその下処理をしてでもぜひ春には食べてほしい栄養素的効果がたくさんあります。

1つはカリウムの含有量が多いことです。カリウムといえば、果物に多く含まれると言われていますが、たけのこにもたくさん含まれています。同じカリウムの量を摂るのであれば、果物には果糖が含まれているのでどうしてもカロリーが高くなります。ところがたけのこであればそのカロリーはないので、ヘルシーにカリウムを摂ることができます。

次に不溶性食物繊維も含んでいるので、女性の悩みである便秘にはとても効果的です。たけのこといえばやっぱりたけのこご飯でしょうか。1度にたくさん炊いて冷凍しておけば、長い時間楽しめますね。また、たけのこの上の柔らかい部分は若竹汁にも使われます。同じ不溶性食物繊維のわかめなどと一緒に汁物にしたらとてもおいしくできあがります。

いくつかたけのこがあるのであれば、たけのこのお刺身やステーキなどとしてそのまま味をつけて食べてもおいしいです。たけのこの魅力の1つはあの食感です。このお刺身やステーキという食べ方であれば、シャキシャキという食感を楽しむことができますね。

<ちょっと使いにくい春野菜、クレソン、ルッコラ>

・クレソン

まずはクレソンです。旬の時期は春ですが、今はハウス栽培も多いので一年中売っているお店もあるようです。このクレソンはよくハンバーグやステーキなどの付け合わせとしてお皿にのっていると思います。このクレソン、大人でも苦手な人も多いと思います。

その理由の1つはあの独特な苦味です。和名を「オランダガラシ」という通り、辛みも感じます。その辛味と苦味が肉料理に合うとされていますが、なかなか家庭料理で登場することは少ないかもしれません。

でも、この辛味や苦味、実は加熱するとゼロにはなりませんが少なくなります。そのため、苦手な人は炒め物やてんぷらにすることをおすすめします。お酒を飲むだんなさんにはてんぷらにしてあげるとおつまみとしてすすむかもしれません。このクレソンにはカリウムやβカロテン、葉酸などビタミン類が豊富に含まれています。

・ルッコラ

次にルッコラです。ルッコラといえばよくピザやパスタにのっているのを食べている人も多いと思います。実はこのルッコラ、チーズやトマトなどのイタリア料理との相性がとてもいいと言われています。

この「ルッコラ」という名前は英語ではありません。イタリア名なのです。英名は「ロケット」ですが、日本では「ルッコラ」と呼ばれています。その理由は1990年代に急激にルッコラが広まった理由として、イタリア料理ブームが挙げられるからです。

お店で「ベビーリーフ」として袋詰めされて売られているのを買ったことはありますか。簡単にサラダなどとして使えるので、1度は手にとった方も多いのではないでしょうか。このベビーリーフ、実はルッコラの若い葉なのです。生のまま食べても癖がないのでおいしくサラダで食べることができますよね。

また、このルッコラの旬は春だけではなく秋も収穫されます。水耕栽培なども盛んなため、年中見つけることができる野菜かもしれません。ルッコラもクレソンと同じく、βカロテン、カリウム、葉酸などを豊富に含みビタミンCや鉄分なども含有しています。ビタミンCは水溶性ビタミンのため加熱すると失われてしまいます。そのためルッコラはサラダなどの生として食べる方がビタミンCを効率よく吸収することができます。

春野菜をいくつか挙げてみましたが、まだまだにら、玉ねぎ、そらまめ、さやえんどう、じゃがいもなどたくさん種類があります。野菜はその「旬」と言われる時期に収穫して食べることが最も栄養素的に豊富に含まれていて効率よく吸収できることがわかっています。ぜひ今旬の春野菜をどんどんテーブルに並べておいしく、効率よく栄養素を摂っていきましょう。

産地直送野菜セット

aa3ba2ec27939b319ef51263d1468d0d_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)