皆さん、こんにちは。たんぽぽモール事務局です。

10月といえば皆さんは何を思い浮かべますか?
学校では文化祭や運動会、お出かけなら紅葉といった「秋ならでは」がありますが、
私の場合は、「ハロウィン」でした。

なぜハロウィンが生まれたのでしょう?
元をたどるとフランスやイタリアのヨーロッパ方面のケルト人の風習が起源だそうです。

ケルト人の1年の終わりが10月31日なのです。
その夜は死者の霊が家族の元を訪ねてくると信じられていたのですが、同時に悪い精霊や
魔女も現れるため身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた風習が
ありましたが今ではその風習も形を変え、現在のハロウィンになりました。

現在、世界中で行われているハロウィンは31日の夜にカボチャ目や口の形にくりぬき、
その中に蝋燭を立てる「ジャックランタン」を作った後、魔女やお化けに仮装した子供が近所の家を
1軒ずつ訪ね、「ご馳走をくれないと悪戯するよ」という意味を持つ「トリック・オア・トリート」と
唱え、大人は「ハッピーハロウィン」と答えて仮装した子供を迎えます。
それが「お菓子をあげるわね!」というサインなのですが、中には訪ねてきた子供を驚かせようと
仮装する大人もいるそうです。

その後、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、家ではお菓子を作りハロウィンパーティを
開くのが現在の風習です。

お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしても良いとされている様ですが、一番多い悪戯は
【家の玄関に生卵を投げる】です。日本ではなかなか見ない悪戯で驚きました(笑)

さて、そんな日本ではお菓子を持ち寄ったハロウィンパーティーや魔女などに仮装したパーティを
よくみかけますが、皆さんはどんなお菓子を持ち寄りますか?

もし、まだ何も考えていない方に朗報です!
本日はたんぽぽモールで絶賛販売中の「焼き菓子」をご紹介します!
スーパーなどでは見られない焼き菓子ですので、仲間から驚かれる事間違いなし!

それでは、ご覧ください。

【玄米さぶれ】
yaki01
四国高知の自然が育んだ米粉と玄米粉を100 % 使用した玄米さぶれで丹念に釜炒りした玄米粉は、
素朴な香りと口どけの良さを生んでいます。
小麦粉、たまご、乳製品を使用せず、原材料にもこだわったサブレのためアレルギーの方も
食べられるカラダに優しい玄米スウィーツです。
3 種のテイストが楽しめ、国産の食品を使っての審査会
「フードアクションニッポンアワード2012年」の商品部門で入賞するなど、高い評価をされた
こだわりあるお菓子です。

プレーンは  → こちら
生姜味は  → こちら
胡麻味は  → こちら
玄米さぶれ3種詰め合わせは → こちら

【サブレ詰め合わせ】
yaki02
アメリカで栽培された雑穀のキビの一種である「ホワイトソルガム」を使ったクッキーで、
卵もバターも使用せず有機栽培のココナッツミルクを加えて焼いたので風味が豊かです。
卵・大豆といった食物アレルギー指定項目合計28品を使用していないためアレルギー持ちの方や、
動物性の油を使っていないので体型を気にする方にもおすすめなサブレです。

お買い求めは → こちら

【そば粉のほろほろ お試しセット】
yaki03
プレーン・ココア・抹茶・いちご4種類のお試しセットです。そば粉の焼き菓子なので、
カロリーを抑えつつ、くるみのほろ苦さが癖になる!
どこか懐かしい、そして味わい深いオリジナル商品です。

4種類の味が堪能できるお試しセットは → こちら

今回はスーパーではあまり見かけない焼き菓子をご紹介しました。
どれも食べやすいので今年のハロウィンに食べてみてはどうでしょうか!

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・*・゚゚・*:.。..。.:*・*・
5323bc5348a58b78c2223e84d54473fd1
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・*・゚゚・*:.。..。.:*・*・