梅は昔から体に良いと言われてきた日本の代表的な保存食品です。梅干しとは梅の果実を塩漬けにしたもの。体に嬉しい効果がたくさんある梅。今回はそんな梅(梅干し)について紹介します。


☆梅

旬の時期は6月から7月。主な産地は和歌山、奈良などです。

☆良い梅の選び方

・弾力があるもの
・みずみずしいもの

※熟した梅は梅干しに…まだ青い梅は梅酒に使うのが最適です。

☆梅干しの効能

梅の主な成分はクエン酸、リンゴ酸、コハク酸、酒石酸(しゅせきさん)です。クエン酸は疲労物質である乳酸を分解し、エネルギーに変えて血液の流れを活発にしてくれるので、体力回復の効果が期待できます。疲れが溜まるこの時期におススメの食品です。また梅干しは炭水化物と一緒に摂ると、グリコーゲンを効率的に蓄積することができます。疲労、体力回復にも役立ちますので梅干しおにぎりなど、毎日のお弁当に入れて使うのも簡単でお手軽ですよね!

☆美容効果

すっぱい梅干しを食べると唾液が出ますよね。この唾液は若返りホルモンや活性酵素の毒を消す成分が多く含まれていると言われています。唾液に含まれるパロチンやアミラーゼのおかげで老化防止効果やでんぷんの分解も促してくれます。梅干しを食べるだけでアンチエイジングできるなんて嬉しいですよね♪美肌にもなれます。

☆二日酔いの改善

梅には浄血作用があります。アルコールを多く飲んでしまって二日酔いのとき、梅干しを食べると回復が早くなり、胃もスッキリして良いと言われています。梅干しでアルコールの入った血液をキレイにしましょう。梅の実を潰して、炭酸で割ったりするとスッキリ飲みやすいのではないでしょうか。また、お酒を飲む前に梅干しを食べておくのも効果的です。ぜひ試してみて下さい。

☆梅の食べ方、アレンジ

・梅酒
・梅ジュース
・梅ジャム
・炭酸割り

※梅は保存食として幅広く利用されています。このように色々な食べ方、飲み方があります。梅干しは、血液を弱アルカリ性にして血液をサラサラにしてくれます。梅を加熱することで化学変化してこれらの効果がアップします。血液中に行き渡りやすくなるのでいろいろアレンジして健康のために積極的に取り入れてみましょう!

☆イライラ、ストレス解消

ストレスなどでイライラすると、体内の多くのカルシウムが失われてしまいます。梅に含まれるクエン酸はカルシウムの吸収を助ける効果もあります。またアルカリ性の梅は精神の安定をさせてくれます。鎮静効果もあるのです!暑くて食欲が落ちてしまったり、疲れてなかなか体力が回復しない、仕事や育児、日々のストレスでイライラするときなどに梅干しを食べて頭も心もスッキリしませんか!梅でリフレッシュしましょう。ストレス解消に!精神の安定に…梅干しを口にしてみてはいかがでしょうか。

☆塩分があるので食べ過ぎには注意!

保存もできるのでいつでも食べることができる梅干しですが、食べ過ぎると塩分の摂りすぎになってしまいます。なるべく減塩の梅干しを選んで食べたいですね。1日3個くらいまで、が摂取の目安です。もし塩分が気になるようなら、たっぷりの水に浸して塩抜きをしてからいただきましょう。


いかがでしたか。梅干しは疲労回復、鎮静作用、貧血予防や免疫力アップやアンチエイジングだけではなく、殺菌作用もあります。これは腐敗防止にもなります。この時期、食中毒の予防にもなりますのでお弁当に向いていますね!子供、大切な人、自分の体のことを考えて…意識して取り入れると良い食材ではないでしょうか。梅干しをおいしく食べて疲れを吹き飛ばして、健康に美しく毎日過ごしてくださいね♪




5b5d431db0eb5f65ed189bfb8d5b635f_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)