毎日とても暑いですが、元気にお過ごしでしょうか。みなさん夏野菜といえば何が思い浮かびますか?きゅうり、トマト、ナス、とうがんなど…いろいろと出てくるかと思いますが、今回は今が旬の夏野菜の代表である、きゅうりと南国野菜のゴーヤ(にがうり)の栄養素や効能について紹介します。


☆きゅうり

◎きゅうりは90%以上が水分です。低カロリーで、独特のニオイ(青臭さ)があります。この匂いの成分は「ピラジン」というもので、血栓の予防になります。きゅうりを食べることで血液をサラサラにしてくれます。心筋梗塞や脳梗塞の予防に効果的と言われています。

◎きゅうりの主な栄養素はカリウム、ビタミン類です。水分が多く、利尿作用があり、腎機能を整えてくれます。むくみが気になる人は積極的に食べると良いでしょう。夏らしく、みずみずしいきゅうりは食欲があまりないときも食べやすい野菜ですよね。冷やしてからいただくのも良いですよね!シャキッとした食感も楽しんでみてはいかがでしょうか。サラダや冷やし中華にもよく合いますよね。

◎新鮮で良質なきゅうりは、鮮やかな濃い緑色で全体的に張りがあるものです。また、触ったら痛いくらいのトゲがあるものが新鮮な証拠です。そして太さは均等なものが良いです。スーパーなどで選ぶときにはぜひ参考にしてみてくださいね!

◎きゅうりの「えぐみ」を取る方法を紹介します。まず、洗った後に塩をひと振りします。そしてまな板の上でゴロゴロと転がします。このことを「板ずり」といいます。これをすることできゅうりのトゲが取れて全体の色合いが良くなり、また口当たりも良くなり、食べやすくなります。試してみて下さい!また、きゅうりの頭部は苦いので切り落としましょう。


☆ゴーヤ(にがうり)

◎南国の野菜で思いつくのはゴーヤではないでしょうか。沖縄の料理で食べる「ゴーヤチャンプル」は少し苦味がありますがとてもおいしいですよね!これは豚肉と豆腐、ゴーヤでバランスよくたんぱく質とビタミンなどの栄養を摂ることができます。夏の疲れをとるのにピッタリ!の料理です。おうちでもすぐにできるので作ってみましょう♪

◎ゴーヤの苦みのもとは「ククルビタシン」という抗酸化物質です。これはストレスの軽減に効き目があるものです。ストレス性胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの予防になります。またゴーヤにはビタミンCがとても豊富に含まれていますので、日焼けなど紫外線からお肌を守ってくれる効果があります。日差しが強い南国で食べられてきたのが納得できますよね!

◎ゴーヤは糖尿病の予防にも効き目があるといわれています。美肌、ストレス軽減などたくさんの効能がある野菜。美味しい時期にたくさん食べましょう♪

◎新鮮なゴーヤの選び方のポイントは、濃い緑色をしているもので黒ずんでいないものにすることです。そしてイボは弾力があってしっかりしたものにしましょう。

◎ゴーヤの調理法ですが、まず縦に半分に切り、種とわたの部分を取り出します。スプーンで丁寧にそぎ落としましょう。このとき、しっかり取り除きます。そうすることで独特の苦みや刺激を和らげることができます。そして薄切りにしたあと、軽く塩でもみます。それからサッとゆでてアクを取り、炒めたりしていただくと食べやすくておいしいですよ!


いかがでしたか。うれしい効能がたくさんあるきゅうりとゴーヤ。せっかくなので新鮮なものを選んでおいしく食べたいですよね。ビタミンCやミネラルたっぷりの夏野菜を毎日の献立に増やしてみてはいかがでしょうか。栄養をしっかり摂って暑い夏を元気に過ごしてくださいね!



cucumbers-849269_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)