レモン塩やレモンジュースなど去年の夏はレモンの商品がたくさん出ていました。では、今年の夏はどんな食材のブームが来るのでしょうか。その栄養価とおいしい食べ方について注目してみましょう。


<その食材は、ずばりスイカ>

今年の夏はスイカがブームになると言われています。スイカなんて毎年夏になったら食べるでしょ?と思うでしょうか。今年のブームはちょっと食べる程度ではありません。スイカダイエットなんていうものも出てきています。それでは、まずスイカの栄養素はどんなものが含まれているのでしょうか。実は一番多く含まれているものは水分なのです。その含有量は95%とも言われています。これだけ聞いてしまうと「なんだ、水だけじゃん」と思ってしまいますが、実はそれ以外の栄養素がとても魅力的なのです。ビタミンA、B、C、カルシウム、鉄、カリウムなどミネラル分も豊富に含みます。これらの栄養素がどのような効果をもたらすのでしょうか。

まずスイカといえば夏の果物なので、夏バテ対策から注目してみましょう。ビタミンBやCカルシウムなどのミネラル分が疲労回復に役立つと言われています。水分も多いことから、熱くて汗をかいた夏にはぴったりの食材です。次に、スイカといえばむくみ対策にも効果的な食材です。すいかにはカリウムが豊富に含まれているので、カリウムが余分なナトリウムを排出させることを促してくれ、むくみの改善に効果的と言われています。また、ほかにも注目の栄養素があります。それはリコピンです。リコピンといえば、トマトのイメージがあるかとおもいますが、実はスイカはトマトのリコピンの含有量の1.4倍と言われています。このリコピンは抗酸化作用を始め美肌への効果、体脂肪燃焼効果なども期待できると言われています。

次にスイカの食べ方に注目してみましょう。ただスイカを買ってきてそのまま食べてももちろんおいしいのですが、果糖が多く含まれているので冷蔵庫で冷やした方がより甘味を強く感じます。また、なかなか1人暮らしでは丸ごと1個スイカを食べることは難しいですよね。では、スイカをそのまま買ってきて家でカットして食べた場合と、カットスイカとしてコンビニなどで売っているスイカを食べた場合は栄養価に違いはあるのでしょうか。答えは、ほぼ同じです。ちなみに、パイナップルやキウイフルーツはカットフルーツとして食べると、ビタミンCが減少することがわかっていますが、スイカは6日経っても減少が少ないと言われています。


<香りの王様、ライム>

ライム、と聞くと「まあ、レモンでいっか」という人が多いかもしれません。確かに、形も似ていますし、酸っぱいという意味では似ています。違うのは色くらい?と思うかもしれませんが、ライムの特徴はその香りです。栄養価的には使う量が微量なので、効果を期待できるほどではありません。ところが、香りとなると少しの量でも大きな効果があります。この香りの効果には心身をリラックスさせる効果や、ホルモンバランスや免疫機能に効果をもたらすと言われています。

ではこのライム、具体的にどんな使い方をしましょうか。お酒が飲める人はすぐにピンとくると思いますが、カクテルなどによく使われています。モスコミュールやジントニックなどです。お酒が飲めない人はソーダに少し絞るだけでとても飲みやすくて暑い夏にぴったりの飲み物になります。もちろん、お水に輪切りのライムをいれてもとてもいい香りで飲みやすくなります。料理ではよくベトナム料理に使われます。定番はフォーに絞ってパクチーをたくさんのせて食べたり、ナンプラーを使ったドレッシングを作り少しライムを垂らすといい香りがします。また、チキンにスパイスをかけて焼き、パクチーとライムを絞って頂くとから揚げにレモンを絞るような感覚でとてもおいしいです。


今年の夏もとても暑くなると言われています。今から気が重くなりますが、スイカをデザートに、ライムを絞ったカクテルを飲みながらこの暑い夏を過ごせれば少しは快適になるかもしれません。ビヨンセも今スイカジュースにはまっている、と言われています。ただし、スイカもライムも食べ過ぎ、入れ過ぎは禁物です。適量を意識するように心がけましょう。



watermelon-869207_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)