暖かい飲み物を飲んだらほっとした、という経験はありませんか?

内側から体が温まり、疲れやストレスでがちがちになっている細胞たちがゆるっとなる感じがしますよね。特にお茶は香りや色、風味も楽しめ、より一層、リラックス効果を高めてくれます。              

それはさながら魔法のよう…最近疲れてるなー、のんびりしたいなー、という人は、ちょっとお茶でも飲んで固まった心を解しましょう。きっとお茶の魔法のとりこになりますよ。


◆奥が深いお茶、その中でもオススメは紅茶

お茶はツバキ科の学名・カメリアシネンシスという樹から作られています。製造工程、発酵のさせ方により緑茶、黄茶、黒茶、白茶、青茶、紅茶の6種類に分けられ、それぞ女性には特に人気です。

ワイン、コーヒーなどと同様に産地、土壌、季節により風味は異なり、ストレートは勿論のこと、ミルクティの他にもアレンジティのバリエーションも多く、愉しみ方は様々です。
自分の好みに合った茶葉の量、蒸らし時間を掴んだらしめたもの。きっと紅茶を淹れるのが愉しみになります!


◆美味しい紅茶を飲ませてあげたいと思う気持ちが紅茶を美味しくする

紅茶は淹れる人で味が変わります。その人の味!とか、「ここのマスターの紅茶じゃなきゃ」という現象が起こるのもこのためです。上手に淹れられた紅茶は、どんなに淹れ方が上手でも質の悪い茶葉では美味しくいれるのは難しいです。値段と茶葉の質はある程度リンクしています。自分で淹れるのって難しそう…と思うかもしれませんが、ポイントを抑えるだけでかなり違ってきますので、チャレンジしてみましょう。

まず、おいしい紅茶を淹れるコツは『茶葉の気持ちではなく飲む人のことをどれだけ思うかが大事』だと思います。 

茶葉は≪気持ちいい温度のお湯の中でゆらゆら漂うのが大好き!≫と覚えると良いかもしれませんね。茶葉にとって気持ちいい温度とは沸騰してからしばらくグラグラさせることが大切です。
また、乱暴にお湯を淹れたり、気持ちよくしているところをガシャガシャ振ったりすると茶葉が壊れてしまいます。すると苦みが出てきたりします。お湯を入れるときは時間をかけて注ぐと温度が下がってしまいますのでスピード感を持って入れます。(特に急ぐということではありませんが)湯の注ぎ方が風味を左右するのではなく、茶葉の分量、湯の温度、蒸らし時間で決まります。

最後に蒸らすことが大事です。蒸らし時間は茶葉の形状(大きさ、形、)により異なります。細かい茶葉は2分~4分。大きい茶葉は3~5分が目安です。大事なことは茶葉の特徴を引き出してあげることです。茶葉の形状を考慮せず、どの茶葉も一様に同じ蒸らし時間では美味しい紅茶にはなりません。
時間までは温度が下がらないよう、ティーコジーやティーマットを敷くといいかもしれませんね。淹れる直前にすっと上に持ち上げ、す~っと優しく下に下すようにすると、茶葉がもう一度楽しいダンスを踊り、おいしいエキスが染み出してきますよ。

茶葉の量は茶葉の形状(大きさ、形)によりティースプーンの盛り方が異なります。(ティースプーンはコーヒースプーンより一回り大きい)
カップ2杯分としては・・・
細かい茶葉はティースプーン摺切り2杯(4~5g弱)
やや細かい茶葉はティースプーン中盛2杯(5~6g弱)
大きい茶葉はティースプーン山盛2杯(5~6g)


◆オススメは"美しい黄金色"の紅茶

"美しい黄金色"の紅茶と評される「ティープリーズ・ダージリン春茶水だしティーバック・キャッスルトン」ダージリンです。ダージリンは紅茶のシャンペンともいわれるほど美しい水色が特徴的です。


爽快で若々しい新芽の香りの中にもきりっとした風格が感じられます。これはダージリン春茶でしか味わうことが出来ません。旬を大事にする日本人には特に人気のお茶ではないでしょうか。発酵が浅く、日本茶に近いフレーバーですからそれも人気の要素かも知れません。
ホットでいただくのも美味しいのですが水出しにすると角がなくなり、より飲みやすいお茶になります。

多く、紅茶の中でも特に人気のある茶葉ともいえるでしょう。アイスティーにも向いていて、作り置きして飲めるのもうれしいですね。

今回オススメしているティーパックも1包で1ℓもの量を水出しで作ることができるため、作り置きができるのがうれしいですね。パッケージは高級感があり、贈り物としても最高なうえ、なかなか手に入れることができないというレア感までついてきます。

72時間熟成ですが容器にティーバックを入れて15時間~位から美味しく飲めます。徐々に変わってゆく味の変化を愉しめます。冷暖房の効いた室内であれば一年を通して愉しめます。紅茶単品は勿論、食中、食後と用途は広いです。黄金色に輝く水色の美しさ、高貴な香りは急なお客様にもきっと喜ばれます。特に夏場は口の中がさっぱりして甘露となることでしょう。

もちろんホットでも楽しめますがこのティーバックは水出し用なので沸騰した湯で作ると少し苦味が出てきちゃいます。ホットにおすすめなのはダージリン春茶です。ほとんど発酵していなので日本茶のように温度を下げて入れると苦味の少ない飲みやすいお茶になります。

できればアイスで楽しみたい、という人にはぴったりだと思われます。ホットじゃないと絶対ダメ!という人でない限り、手元に一つあると便利がいいかもしれませんね。手軽においしい香りを深い味わいとともに楽しめるティーパック、おひとついかがですか?


◆さいごに

紅茶には魔法がかかっている、と筆者は思っています。あの素敵な香りがふわっと部屋を満たすだけで心が軽くなる、そんな気がするのです。

毎日一生懸命生きるのもいいですが、たまにはちょっと足を止めて紅茶の魔法に浸りましょう。すると頭がすっきりして今まで見えてなかったものが見えてくるかもしれませんよ!おいしい紅茶を飲んで、身も心もリフレッシュしちゃいましょう。


今回ご紹介した商品はティープリーズ たんぽぽモール店』にて販売中です!
気になった方は下の画像をクリックして詳細をチェックしてみてくださいね♪



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)