みなさんは、この時期は、お酒を飲む機会が多いのではないでしょうか?
お花見や、歓送迎会、新入生歓迎会など様々な場面でお酒を飲む機会が多い時期ですね。最近では、様々なお酒に関する商品がたくさん並んでいます。近年では、ノンアルコール商品が大多数を占めてきました。一昔前では、第○のビールなどと騒がれた時もありましたが、今ではノンアルコールでも通常のビールの味わいを実感できるようになってきました。

日本の酒税法では、アルコール度数が1%未満の場合はお酒として扱いませんでした。その事から1%に満たない商品は全てをノンアルコールと表示されていました。しかし、子供の飲酒を助長するなどの意見や、アルコールの弱い人が飲んで交通事故を起こすなどの事例が多く報告されはじめたのです。そのような事例から、0.5%以下をノンアルコール、0.6~0.9%までをローアルコール、1%以上をアルコールというようになったのです。ですが、ノンアルコールとアルコールとの基準が難しく、0.5%未満をノンアルコールと定義付けています。厳密にいえば0.01%でもアルコールが検出されたらその飲料はビールというカテゴリーになることは紛れもない事実であると反論をしている方もいらっしゃるようです。

では、奈良漬やウィスキーボンボンなどはどうでしょう?子供の頃、興味本位で食して怒られた記憶のある人もいるのではないでしょうか。これらにも実際アルコールが含まれます。ですが、商品名は、漬物やチョコレートと大きく表記されています。漬物だからといって大量に食べると大変なことになります。呼気中のアルコール濃度が1リットルあたり0.15mgを超えれば道路交通法上の「酒気帯び」状態ですが、奈良漬の場合は、約400グラム、ウイスキーボンボンは約50個一気に食べると、この数値を計測するのです。

今では、いろいろな事を想定し、道路交通法が改正され罰則が厳しくなりました。それに伴い、各ビールメーカーがこのノンアルコール飲料市場に参入してきたのです。では、このような問題は、日本だけに限ったことなのでしょうか?

ビール消費世界一の国ドイツでは、近年、緩やかではありますがビール離れが進んでいる事がドイツ連邦政府統計局の調査の結果が発表されました。国内での売り上げも7年連続で減少していうとの現状だそうです。

1人当たりのビール消費量で常に世界の上位を占めてきたドイツのビール市場でも、 近年、消費者のしこうがノンアルコール飲料や、フルーツビールなどの 多様な種類のビールへと移行しているのです。世界的にもノンアルコールは新たな市場を確立しつつあるのでしょう。

日本では、2009年4月世界で初めてアルコール0.00%を実現した某大手ビールメーカーが完全なノンアルコールビールを発売し、飲用後の運転にも支障がないことが実証されています。発売後の売上も好調で各メーカーがこぞって、これに追従して新商品を発売しています。そして今では、ほとんどの飲食店、居酒屋などでも売られるようになってきました。その為、今まで、車での旅行で運転手だけが我慢していた事が、100%ノンアルコールビールが普及した事により、みんなと飲んでいる雰囲気を楽しむ事が出来るようになったのです。

家族旅行などの際、お酒を楽しみたい為に、あえて車旅行を避けていたお父さんなどにとっては2009年のアルコール0.00%ビールの発売は待ちに待った事だったのではないでしょうか。私の家も、常に父親が飲みたいビールを運転中は我慢をしていたように思います。ホントは、普段働いてくれている父親には、感謝を伝える労いの旅行にしてあげるべきだったのですが・・・(笑)

今考えますと、中々父親には母親程、感謝を伝えられていないような気がします。

間もなく、父の日です。そんなお父さんへ感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。そんなお父さんへおいしいビールや飲み物を楽しむ事の出来る【名入れ 錫(すず)タンブラー 180ml】を感謝の気持ちを込めて送ってみてはいかがでしょう。錫は、熱伝導率が高く、冷たい飲み物は冷たい状態を保ち、温かい飲み物は温かい状態を保つ性質があります。また、不純物を吸着する性質も持ち合わせている事から、まろやかな味わいで飲み物を楽しんでいただけます。ビールに関しては、よりクリーミーな泡を楽しむ事が出来るのです。

ビールの本場ドイツでも広く愛用されている錫タンブラーに本人だけの名前を添えて、父の日のプレゼントにしてはいかかでしょうか。きっと、普段伝える事の難しい感謝の気持ちが伝えられるかもしれません。
【名入れ 錫(すず)タンブラー 180ml】http://goo.gl/wGYaEZ

MAX85_kanpaibeer20141220175304500-thumb-1200x800-5849

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)