カフェの普及により日本の「コーヒー文化」は完全に定着しています。「お茶を飲む」と言ったらコーヒーをイメージする人もかなりの割合になっているのではないでしょうか。しかしながら日本に古くからある「日本茶」にはコーヒーにはない様々ないいところがいっぱいです。そんな「日本茶」の魅力を追求してみましょう。


「日本茶」の種類

細かく分けるともっとたくさんの種類がありますが、代表的なお茶を紹介します。
日本で生産されるお茶は、ほとんどすべてが緑茶です。製法は、ほとんどが蒸し製法です。なお、九州の一部で地元消費のため釜炒り緑茶(玉緑茶など)が存在します。 茶種別生産量でみると、普通煎茶が3分の2を占めています。

「煎茶」

緑茶の中で、もっともよく飲まれている代表的なお茶です。
お茶は、茶園で栽培した生葉を加工することによって製品となります。生葉は、摘採した時点から酸化酵素の働きによって変化(発酵)が始まりますが、緑茶は新鮮な状態で熱処理(蒸す・炒る)することで酸化酵素の働きを止めた「不発酵茶」です。この「生葉を熱処理し、葉の形状を整え、水分をある程度まで下げて保存に耐えられる状態」にすることを荒茶製造といいますが、蒸して揉んで荒茶を製造するもっとも一般的な製法でつくられたお茶を「煎茶」と呼びます。

「玉露」 

新芽が2~3枚開き始めたころ、茶園をヨシズやワラで20日間ほど覆い(被覆栽培)、日光をさえぎって育てたお茶が「玉露」になります。光を制限して新芽を育てることにより、アミノ酸(テアニン)からカテキンへの生成が抑えられ、渋味が少なく、うま味が豊富な味になります。海苔に似た「覆い香」が特徴的です。

「玄米茶」 

水に浸して蒸した玄米を炒り、これに番茶や煎茶などをほぼ同量の割合で加えたお茶が「玄米茶」となります。炒り玄米の香ばしさと、番茶や煎茶のさっぱりとした味わいが楽しめます。

「ほうじ茶」 

煎茶、番茶、茎茶などをキツネ色になるまで強火で炒って(ほうじて)、香ばしさを引き出したお茶のことです。

「番茶」 

日本茶の基本的な主流から外れたお茶を総称して「番茶」と呼びます。茶葉の摘採期や品質、地域などによって、さまざまな意味の番茶があります。


「お茶」の美味しいいれ方

お茶の種類によって美味しい入れ方も異なりますので、ここでは煎茶の美味しいいれ方をご紹介します。難しいことはないので一度こちらを守っていれてみましょう。今までとは違った美味しい煎茶の味わいを感じることが出来ますよ。


2人分
茶葉の量 4g
湯の温度 上級煎茶 80度 普通煎茶 90度~熱湯
湯の量 200ml
浸出時間 30秒


1、茶葉を入れる
2、お湯を一度湯呑にうつす(お湯の温度80度)
3、湯冷ましした湯を注ぐ。浸出時間:約30秒
4、少しずつ均等に注ぎ分け最後の1滴までしぼりきる

(参考:お茶百科)


「お茶」を楽しめるカフェ

表参道「茶茶の間」

日本茶ソムリエが1杯ずつ淹れてくれるお茶を喫するという飲み方で提供しています。緑茶でも様々な種類が用意されているので、順番に味わって違いを感じてみるのも楽しそうです。素材にこだわったお食事もいただくことが出来ます。

http://chachanoma.com/cafe/#cafe_foodmenu


谷中夕やけだんだん坂下 「茶遊亭」


創業80余年の日本茶専門店「舎人園」が手がけるお茶のカフェです。日本が世界に誇る素敵な文化「日本茶」を、作法や流儀にこだわることなく、もっと身近に楽しんでいただきたい。本来のお茶の味を知っていただきたい。そんな想いで「茶遊亭カフェ」をつくられました。三大産地の玉露が用意されていますので、ゆっくりとその違いを感じてみたいものですね。
また、日本茶と一緒に極上スイーツをコラボレーションさせるという新しい楽しみ方も出来ます。

http://chayu-tei.jp/index.html


「HIGASHIYA」


お茶と一緒に季節の生菓子がお洒落に頂けるカフェです。各地から厳選された茶菓と一緒に味わうお茶もより一層美味しいものに感じられます。ゆったりと楽しみたいですね。

http://www.higashiya.com/shop/


「日本茶」の魅力はおわかり頂けましたでしょうか。たまには「日本茶」で午後のティタイムも素敵ですね。いつもと違った午後のひと時が過ごせるに違いありません。上手な淹れ方で「日本茶」を大切な方にお出しするのはいかがですか。


国産ダイエットプーアール茶 茶流痩々

緑茶

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)