消費期限と賞味期限の違い、知っていますか?アイスクリームに賞味期限がないことを不思議に思ったことはありませんか?加工食品には必ず期限が表示されています。期限表示は消費期限と賞味期限の2種類があり、これらは食品会社がその食品の安全性を十分に保障できる期間を独自に決めて表示しています。牛乳の賞味期限期間が商品によって異なるのはそれぞれの食品会社が設定している期間の基準が違うからなのです。

【賞味期限と消費期限】

◆賞味期限
賞味期限は、「定められた方法に従って保存した場合に、その食品に期待されるすべての品質を十分保っていると認められる期限」のこと。つまり、おいしく食べることができる期限のことで、期限を過ぎたからといってすぐに食べられなくなるというものではありません。スナック菓子や缶詰、カップ麺などは賞味期限の対象商品です。期限が3か月以内のものは年月日で表示され、3か月を超えるものは年月で表示されます。

◆消費期限
消費期限とは、定められた方法により保存した場合に、腐敗、変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期間のこと。つまり、期限を過ぎたら食べないほうが良い期限を示します。保存期限に関わらず年月日で表示され、お弁当やサンドイッチ、お惣菜などが消費期限の対象商品です。

【長期保存可能なものは賞味期限を省略できる】

ガム、アイスクリーム、砂糖、食塩、片栗粉、精米、ウイスキーなど、一部の食品は期限表示を省略することができます。これらの食品がなぜ期限表示の省略を許可されているのでしょうか。

◆アイスクリーム
アイスクリームや氷菓は冷凍保存されているため、温度管理を適切に行なえば品質の劣化が少なく、非常に長期の保存が可能になります。製造してから店頭のショーケースに並ぶまで—18度以下で保管されるように徹底されており、そのような管理状態が維持できれば長期の保存が可能なので賞味期限の表示を省略できることになっています。

◆ガム
ガムは劣化の少ない食品のひとつ。原料も糖類、香料、ガムベースなどの品質変化が極めて少ないものを使用しているため、微生物などによる劣化もほとんどありません。また水分含有量も極めて少ないため、常温にて保管した場合でも長期間全く品質に変化がないと考えられることから賞味期限を表示しなくても良いことになっています。しかし、特定保健用食品であるガムについては、賞味期限の表示が義務付けられています。

◆食塩
塩は時間の経過による品質の変化が極めて少ない食品ですので、賞味期限を設定していません。

◆ウイスキー
ウイスキーは蒸溜をしたアルコール度数の高いお酒です。
そのため、保存状態がよく未開栓であれば長期間安定した品質を保つことができ、飲んでも体調不良等がおきないため賞味期限表示が省略できるようになっています。

【ちなみに…】

卵に表示される賞味期限は「生食できる期間」のことって知っていましたか?
卵の賞味期限は、万が一、卵にサルモネラ菌がいた場合でもその菌が食中毒をおこすほど増殖しないと考えられる期間を基準に決められています。卵にそれぞれ重さや大きさが違い、また季節や管理温度、保存状態などもさまざまですが、食品会社はそれらを考慮したうえで、安全と言える期限を卵の賞味期限としています。
賞味期限を過ぎた卵はしっかりと加熱すれば安全に食べることができます。

どの食品にも言えることですが、食品の品質保持は、保存する期間よりも温度・湿度などの保存管理を適切に行なうことがとても重要です。また、期限を過ぎていないものでも開封したものはできるだけ早めに消費するようにしましょう。美味しいものを美味しいうちに食べるために、保存方法と保存期限は守ることを心がけましょう。


PPS_binniireraretagamu-thumb-1000xauto-12979

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)