きちんとしたかしこまったレストランでない、カジュアルなレストランでも美しくきれいに食べることができたらいいですよね。洋食と言ってもいろいろな種類のメニューがありますよね。それぞれの食べ方やマナーを知っておけば、焦らずゆっくり優雅に食事を楽しむことができますよね♪

代表的なメニュー別に、マナー、食べ方を紹介していきます!

 

◆カレーの食べ方

カレーのルウとライスが別々に来た時。最初に全部カレールウをライスにかけるのは避けましょう。万が一、残してしまう場合、ルウがかかっていたら見た目が美しくありませんよね。食べられる量に合わせてルウをかけて食べるときれいでしょう。

 

◆ピザのチーズがとろとろでお皿に落ちてしまったとき

ピザを一切れとった時、とろけたチーズがこぼれて落ちてしまうことがありますよね。フォークでチーズをとり(切り)、ピザの先に巻き付けていただきましょう。また、ピザのお皿に残ったチーズや具をフォークですくって取って食べてもかまいません。

 

◆ペンネはどうやって食べるのがいいか?

一口分ずつ(ペンネ2本くらいが目安)フォークで食べます。のせるのが難しい場合は上からペンネを突き刺したり、穴にさして食べてもかまいません。

 

◆パスタをフォークで上手に巻きつけて食べるには

少量のパスタをフォークに巻きつけて口に運び、食べます。だいたいパスタの量は3、4本くらいが目安でしょうか。スプーンがある場合はその上で巻きつけてもいいですが、イタリアの本場ではフォークのみで食べるのが正式なマナーです。スプーンが用意されていて、使わなくても特に失礼にはなりません。また、お蕎麦のように音を出してすすってパスタを食べるのは下品なのでタブーです。

 

◆ボンゴレの食べ方

ボンゴレに入っている貝ははじめに全部殻を外してしまっていいの?と思っていた人もいるはず…ですがそれはやめて、貝は1,2個ずつはずしていただきましょう。また殻を外す時、あさりに手を添えても構いません。そして殻はお皿の向こう側の端に寄せておきましょう。そうすると見た目も美しいですね。

 

◆ミートソーススパゲティの食べ方

ミートソースは最初にぐちゃぐちゃに混ぜてしまうのは良くありません。これは見た目も行為も美しくありませんね。手前のほうから少しずつミートソースを混ぜて食べると綺麗です。また、最後にパスタだけ、またはソースだけが残ってしまわないようにバランスよく見ながら考えて食べると良いでしょう。

 

◆ライスの食べ方

ライスはフォークの腹にのせて食べます。フォークの背にのせて食べることもありますが、実はこれは日本で生み出された食べ方なのです。今はほとんどこの食べ方は使われなくなっています。ですからライスはフォークの背ではなく、フォークの腹にのせて食べましょう。
決してお皿を持ち上げたり、顔をお皿の近くまで寄せてライスを食べるのはやめておきましょう。背筋を伸ばして美しく…これが基本です!フォークは左手から右手に持ちかえて食べてもかまいません。

 

◆サラダの食べ方

大きな葉っぱでフォークのみで食べにくい場合は、ナイフを使って押さえて、葉を一口サイズにしてフォークでさして、いただきます。ドレッシングが飛び散ったりしないように気をつけて食べましょう。

 

いかがでしたか?気取っていないカジュアルなレストランであっても、洋食の正しい食べ方やマナーを知っておけば、友人やママ友、彼氏などと食事をするとき美しく食べることができるのできっと役に立つでしょうしいいですね。
ぜひ、次回食事へ行くときに、これらのことを意識して実践してみてはどうでしょうか。





yun_12554


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)