10代のニキビは、成長期に伴うホルモンバランスの乱れが原因ですが、20代以降の大人ニキビは、肌のターンオーバーの乱れが主要原因です。
それは食生活であったり、ストレスであったり、メイクであったり、さまざまな要因によって起こります。

「やっとニキビが治った」と思ったら、違う場所にまたぽつん……。結局いつもどこかしらに大人ニキビがある状態に。さらに年齢を追うごとにニキビ痕も治りにくくなるため、肌にはポツポツと痕まで残る……。出来れば大人ニキビは1つも出来てほしくない。

大人ニキビを防ぐ要因としては、適切なスキンケアや睡眠時間、ストレスケアはもちろん、日頃の食生活も重要とされています。今回は、大人ニキビを誘発するNGな食べ物をご紹介します!

 

◆甘いもの

ショートケーキにクッキー、チョコレートなど女子が大好きなスイーツ。「甘いものが食べられる♡」と思うとそれだけでワクワクするし、仕事の合間にチョコレートを一粒口にすれば疲れも一瞬吹っ飛んでいく、女子のライフスタイルには欠かせないスイーツ。

でもお肌にはNG×××

砂糖たっぷりの甘いものを食べると、糖分を分解するために多くのビタミンを使います。すると本来は、肌の健康のために使われるはずのビタミンが糖分分解に持って行かれます。それだけでも肌に栄養が渡らないのに、さらに糖分が過剰に摂取された場合は自分の体内にあるビタミンだけでは足りず、分解できなかった糖分はそのまま過剰な皮脂へと変わっていきます。やがてそれは、大きな大人ニキビがポツンっとできる原因になります。

 

◆揚げ物

仕事の帰りが遅い夜は、ついつい夕食は近場のスーパーやお弁当屋さんのお惣菜になりがち。仕事でヘトヘトになり、お腹もグーグーの夜に魅力的に見えるのは、唐揚げやコロッケなどの揚げ物。ボリュームもあるし、手軽だし、美味しいし。あ、そうだ。週末に食べるように新発売のスナックも買っちゃおう!

こんな生活はNG×××

揚げ物・スナック菓子などの油を使用するものは、血液の中性脂肪の量を増加させます。それにより皮脂の分泌が過剰になることで毛穴が塞がり、大人ニキビができる原因に。特にスーパーやお惣菜屋さんは、古くなり酸化した油を使いがち。酸化した油は、美容だけでなく健康面でもデメリットしかありません。

 

◆炭水化物

ご飯にパンに、パスタにうどん……。炭水化物はダイエットによくないとわかっていても、ついつい食べてしまいがち。それに食べないとエネルギーも湧かずに、変な空腹感も残ってしまいます。まったく食べないのは体にとって適切ではありませんので、おかわりは控えて、炭水化物の量は極力少なめにするのが女子の美容のためには良いです。

注意! おやつにも炭水化物……×××

「今日はご飯を少なめにしたからご褒美にお煎餅を食べちゃおう〜♪ 甘くないし、安心♪」実はこれもNG。お煎餅やおかきなどは、砂糖不使用ですが、もち米なので炭水化物と同様の扱いになります。炭水化物は消化されると糖質になり、そこで分解されずに残ったものが脂質にかわります。脂質はすなわち、ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌へとつながります。

 

【ダイエットと美肌は紙一重】

甘いもの・揚げ物・炭水化物、これら3つの食べ物は、大人ニキビを誘発する肌によくない食べ物であり、ダイエットの視点からもよくないとされる食べ物です。そうです。ダイエットと美肌はまさに紙一重。この3つを生活の中から、まったく抜くことは不可能ですが、“美肌とダイエットによくない……“と意識して、食べる量を調整するようにしましょう。

また美肌とダイエットに“良い”とされる食べ物もほとんど一緒。野菜を多めに摂取する、午後のデザートは果物やナッツにする。よくない食べ物は控えて、良いとされるものを生活に取り入れる。それを心がけるだけで驚くほど体質が改善されるはずです♪ ニキビもニキビ痕もない、ツルスベ肌を目指しましょう!


ニキビ集中ケアの体験エステ <エステのエルセーヌ>


DI_IMG_5700-thumb-1000xauto-17822


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)