ダイエットにはいろいろありますが、その中で秋にオススメなダイエットが「さつまいもダイエット」です。秋といえばさつまいもですよね。このさつまいもを使って、楽しく・美味しくダイエットしましょう♪


●さつまいもダイエットとは?

さつまいもダイエットは、とても簡単な方法となります。なぜなら、普段食べているご飯やパンなどの炭水貨物をさつまいもに変える「置き換えダイエット」なんですから。さつまいもは、どうもカロリーが高いイメージがありますよね。
しかし、一般的に白米100gあたり167キロカロリーに対し、さつまいも100gあたり132キロカロリーとなっており、白米よりもカロリーが少ないものとなります。
さらに、さつまいもは炭水化物の中でも消化吸収がゆっくりなので太りにくいんですよ。


●さつまいもダイエットの正しい方法

さつまいもダイエットの方法ですが、昼か夜の食事の主食を、蒸したさつまいも150グラムに置き換えて食べるだけになります。
難しいことは何一つありませんね。さつまいもダイエットのポイントは、皮ごと食べるということ。皮にもたくさんの栄養が詰まっていますから、皮をむいてしまったらとってももったいないことになりますよ。
また、さつまいもだけを食べるという勘違いをするのではなく、主食をさつまいもに置き換えること以外は、バランスの取れた食事を3食きちんと食べるようにしてください。


●さつまいもダイエットを失敗しないために

さつまいもダイエットは簡単ではありますが、失敗する人も多いんですよね。
その理由は以下のようなものがあります。

・いつもと同じ食事+さつまいも
あくまでも主食をさつまいもに置き換えるダイエットなのに、普段の食事をしてさらにさつまいもも食べてしまえば太るのは当然の話ですよね。

・食べ過ぎ
白米を食べ過ぎれば太ります。さつまいもだって食べ過ぎれば太ります。

・揚げさつまいも
天ぷらや素揚げのさつまいもを食べたら、カロリーが高いので太ります。

・大学芋を食べる
甘い甘い大学芋。さつまいもだからといって大学芋を食べていれば、そりゃ太ります。

・さつまいもにバター
バターやマーガリンをつけて食べてしまうとそれだけでカロリーが高くなってしまいますよ。

・さつまいもだけを食べる
さつまいもだけをひたすら食べ続ける人がいますが、これは栄養が偏ってしまいます。
一品だけダイエットはオススメできません。


●さつまいもダイエットレシピ

さつまいもダイエットの簡単レシピをご紹介します。

■さつまいもチーズグラタン風

材料
さつまいも・・・半分
納豆   ・・・1パック
レタス  ・・・2、3枚
スライスチーズ・・・2枚
クリームチーズ・・・2個
粉チーズ ・・・適量

■作り方

①さつまいもを幅10mmくらいで輪切りにしてラップで包んで2分ほどレンジでチン。
②チンしたら器にさつまいも半分を敷き詰める。
③納豆を混ぜて敷き詰めたさつまいもの上にすべて乗せ、その上にスライスチーズを乗せる。
④残りのさつまいもをスライスチーズの上に千切りにしたレタスと一緒に乗せる。
⑤クリームチーズと粉チーズを万遍なく乗せ、トースターで8分ほど加熱し、きつね色の焦げ目がついたら完成。


●さいごに

さつまいもは美容や健康にいいとされる栄養分がたくさん詰まっていますから、これを利用しない手はありません。
寒い時期に始めるなら、やっぱりさつまいもダイエットですね(笑)




ah00-735-1024x768
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)