「常備菜」。それは日本人が昔から親しんできた懐かしいお味です。なぜかホッとするお母さんの味でもありますね。美味しくて日持ちがする、その上、栄養豊富と使わない手はありません。
忙しい現代女性のお助けアイテムでもあります。上手に使って、上手に手抜きをしちゃいましょう。


「常備菜」レシピ

どれも基本冷凍出来ます。小分けにしてストックしておきましょう。

※大根の葉とちりめんじゃこの炒め物

材料

大根の葉 1本分(無農薬のもの)
ちりめんじゃこ 30g
醤油  大さじ4
砂糖 大さじ2
油 大さじ1
ごま油 小さじ1


作り方

1、大根の葉はよく洗って、細かく刻む。葉っぱの根元のところに土が残っている事が多いので指でこするように洗う。

2、フライパンに油を熱し、1の大根の葉を炒める。よく水を切っておかないと跳ねるので注意すること。

3、しばらく炒めて、葉っぱがしんなりしてきたら、ちりめんじゃこを入れて炒める。

4、砂糖を入れて炒め、次に醤油を入れて水分を飛ばすように炒める。水分が飛んだら、ごま油を全体に回しかけて出来上がり。

ご飯にふりかけても、おにぎり用に和えても美味しいですよ。栄養もたっぷり。


※サツマイモの甘露煮

材料

さつまいも 2本
砂糖 大さじ5
しょうゆ 小さじ1
水 適量


作り方

1、さつまいもは洗って2センチくらいの輪切りにする。

2、1のさつまいもを水にさらしてあく抜きする。

3、鍋にさつまいもを入れ水をかぶるくらい入れる。

4、砂糖を入れ、鍋を火にかける。

5、中火でさつまいもが柔らかくなるまで煮る。アルミホイルで落し蓋をすると良い。

6、最後に醤油を人回しかけて出来上がり。

甘目のさつまいもがおかずにもちょっとしたおやつにもなります。


※人参しりしり

材料

にんじん 1本
ツナ缶 小1缶
卵 1個
しょうゆ 小さじ1
みりん 小さじ1


作り方

1、にんじんは皮をむいて、5センチくらいの千切りにする。

2、フライパンにサラダオイルを熱し、にんじんを入れて強火で炒める。

3、にんじんがしんなりしてきたら油を切ったツナ缶を入れて全体をよく炒める。

4、みりん、しょうゆを入れて味付けをして、最後に溶いておいた卵を加えて火が通るまで炒める。


沖縄の郷土料理です。一度食べると病み付きになってしまいますよ。


※ジャガイモとにんじんのきんぴら

材料

ジャガイモ 2個
にんじん 1本
バター 5g
砂糖 小さじ1 
しょうゆ 大さじ1
黒こしょう 適量


作り方

1、ジャガイモは細めの千切りにして5分くらい水にさらしたあと、ザルに上げて水を切っておく。

2、にんじんも同じくらいの太さの千切りにする。

3、フライパンに油を熱し、ジャガイモとにんじんを入れて炒める。

4、全体に火が通ったら、砂糖、しょうゆを加えて調味する。

5、最後にバター、黒こしょうで風味付する。

バターの風味で洋風の味になります。黒こしょうがアクセント。


※肉そぼろ

材料

豚ひき肉 300g
ショウガ 1/2片
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ3


作り方

1、鍋に豚ひき肉、しょうゆ、砂糖、みじん切りにしたショウガを入れて菜箸4本くらいで良くかき混ぜる。

2、鍋を火にかけ、肉通しがくっつかないようにかき混ぜる。

3、汁けがなくなったら出来上がり


ご飯のお供にはもちろんのこと、ジャガイモと一緒に煮たり、卵焼きに入れても美味しいですよ。


※レンコンのきんぴら

材料

れんこん 1節
ごま油 大さじ1
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
唐辛子 適量


作り方

1、レンコンは2ミリくらいの輪切りにして軽く水にさらし、水気を切っておく。

2、フライパンにごま油を入れて熱し、唐辛子、レンコンを入れて炒める。

3、透き通ってきたら砂糖、しょうゆで調味して出来上がり。



簡単ですが、きんぴらごぼうとは違った美味しさがあります。子供にも意外と人気のレシピです。「常備菜」レシピいかがでしたでしょうか。さっそく今夜にでも作って見てはいかがでしょうか。時間があるときにつくっておくと食卓の1品になりとても便利です。




女子25

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)