寒い冬といえば、焼き芋。最近はほくほくとした焼き芋だけではなく、濃厚なねっとりとした甘さの焼き芋もあり「どっちがいいですか?」とおじさんが聞いてくれます。そんな焼き芋ですが、自宅でおいしく作ってみたことはありますか?実は簡単にできるんです。さらに焼き芋のあんな効果までお知らせ致します。


<甘さの鍵はあの時間?>

焼き芋屋さんで買った焼き芋って本当に甘くて熱くておいしいですよね。女性ならついつい食べてしまいますよね。でも、家で作ってもいまいちおいしくない。あの焼き芋屋さんの甘さが出ないのです。実はあの甘さには秘密があります。その秘密はアミラーゼと麦芽糖です。さつまいもに含まれているでんぷんをアミラーゼという酵素が麦芽糖に変えます。この麦芽糖を食べて私たちは「甘い」と感じます。ですので、少しでも多くのでんぷんを麦芽糖に変えることができればより甘い焼き芋が出来上がるのです。
その麦芽糖に変える酵素であるアミラーゼを働かせるための環境が焼き芋屋さんには隠されています。その環境というのは温度です。65~75度がアミラーゼが最も働くことができる環境です。焼き芋屋さんは温めた石を使って焼き芋を作っています。その石から熱がサツマイモに伝わってゆっくりと温められていくため、あの甘くておいしい焼き芋ができるのです。

そのおいしい焼き芋を自宅でも再現できます。コツは65~75度の時間帯をいかに長く続けるかということのため、オーブンを使ってみましょう。150~160度で1時間以上2時間近く焼くことで焼き芋屋さんに近づけます。そのほかにもダッチオーブンを使って本格的に「石」を使えば、ほぼ焼き芋屋さんの作り方を再現できます。もっとお手軽にトースターを使う時は低温(レンジ弱)で長く焼くようにしましょう。


<サツマイモの種類と甘さ>

サツマイモ、と一言にいっても種類はたくさんあります。そもそも、サツマイモは秋に採れてすぐに食べるよりも、そのまま寝かせて水分が抜けて糖分が濃縮された方が甘味が凝縮されると言われています。その種類によっても変わりますが、紅さつま、紫いも、鳴門金時、安納芋などほかにもたくさんあります。見てすぐその違いがわかる1つとして紫いもがあげられます。2つに割って中の部分はきれいな紫色なのがわかります。その紫色はアントシアニンなので、ポリフェノールが含まれています。また、鳴門金時は徳島で栽培されていて、紅さつまは鹿児島で栽培されています。鳴門金時は栗に似たほくほくとした触感と、食物繊維とビタミンがたっぷり含まれています。また、紅さつまは八百屋さんやスーパーでよく見かける品種でやはりほくほくとした触感と甘さが特徴です。安納芋は水分量が多く、ねっとりとした触感があります。どのサツマイモが自分の好みなのかを食べ比べてみてもおもしろいですよね。


<サツマイモの栄養って?>

甘くておいしい、焼き芋ならいっさい砂糖も必要ない、そんなおやつに向いているサツマイモの栄養成分にも注目してみましょう。サツマイモにはビタミンB1、C、E、カリウム、食物繊維などが含まれています。同じカロリーを摂ってこれだけのビタミン、ミネラルが含まれているおやつはなかなかありません。
おやつではもちろん気持ちの面も大切ですが、食物繊維やカリウムなど食事で不足しがちな栄養素を補う補食としての面も重要です。なので、たまにはおやつに焼き芋を食べて栄養を摂るためのおやつを食べましょう。

サツマイモはとっても美容に効果があります。1つは食物繊維が豊富なため、便秘改善が期待できること。便秘になると肌荒れや吹き出物、お腹が張ったりといいことはないですよね。また、お菓子やケーキを食べるよりもローカロリーです。
そして甘味があるということ。甘いものを食べたくても太りたくないからと我慢するのではなく、食物繊維やビタミンが豊富で甘いものを食べられるのなら?さらにローカロリーであれば我慢する必要はありませんよね。もちろんサツマイモはローカロリーですが、サツマイモを使ったスイーツ、たとえばスイートポテトや大学いもとなると、お砂糖がたくさん添加されているので、ローカロリーではなくなってしまいます。

しっかりとサツマイモだけの甘さを引き出すことにより、余計なお砂糖を添加してカロリーを増やすことなく甘くておいしいおやつを食べることができます。ぜひ冬になって甘さが凝縮されたサツマイモをじっくりと温めて甘くておいしい焼き芋を食べてみてください。

朝さつまいもダイエットスムージー

焼き芋

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)