東京の美味しいものは、日本全国知れ渡っていますが、地方にも美味しいものはたくさん揃っています。昔は旅行や出張のお土産でしか頂けなかったものが、今では簡単にお取り寄せすることが出来ます。

美味しいもの、探しちゃいましょう。まだあまり知られていないものもたくさんありますよ。

長野「利休堂」

杏の里、長野県。創業50年の菓子店です。

・ゆきげ杏  220g 箱入り 864円

杏の里「森」特産の独特な製法で丹精込めて練り上げた、生粋杏菓子です。あまり似たようなお菓子もないオリジナル性の高い杏菓子です。
雪消にあらわれる大地を思わせる雄大な信州の自然の恵みそのものを銘菓にしたものです。
そのまま食べるだけでなく、おすすめの紅茶に入れる食べ方も、風味が拡がっておススメです。

・あんず姫  16個 箱入り  864円

杏の生ゼリーを、種がしに忍ばせた、一口サイズの最中です。あんこではなく、杏ゼリーが入った最中は酸味がきいてさっぱりしているので、甘いものが苦手な方にも好評です。

山形県「宇佐美煎餅店」

鶴岡市錦町10-10
http://www.karakara.co.jp/

山形県庄内地方にある煎餅屋さん。

・からから煎餅  30個化粧箱入り 5,616円

庄内名物です。先人の知恵による強度性豊かな夢のあるお菓子です。三角形のおせんべいの中に素朴なおもちゃの入った食べた後も楽しいものです。
現在の山形県鶴岡市は、その昔、庄内藩・酒井家が統治していました。坂井家のお殿様が甘いものが大変お好きで、庄内地方では、たくさんの駄菓子が作られていたという事です。
おせんべいの中に入ったおもちゃは、工芸品と言われる昔ながらのおもちゃです。心温まるお菓子です。
オリジナルで好きなものを入れて頼むことも出来ますので、何かの機会に頼んでみてもいいですね。

岐阜県「お菓子 つちや」

大垣氏俵町39番地 
http://www.kakiyokan.com/shop/index.html

お店の歴史は、宝暦5年(1755)に大垣藩十万石の御城下で園助という人が「柏谷光章」という屋号で開いたのが始まりです。

柿羊羹 1本竹容器入り155g 864円

契約農家で育てられた柿を、自社工場で干し柿に仕上げて、作っています。
綺麗な柿色で半月型の羊羹は、食べてしまうのがもったいないような美しさです。
甘さの凝縮した干し柿の美味しさを十分に味わえるものとなっています。

岡山県 「廣榮堂」 

安政3年創業のお菓子屋さん。

きびだんご 10個入り 411円

岡山県と言えば、きびだんご。きびだんごと共に150有余年の歴史を刻んできたお菓子屋さんの作るきびだんごは、一度は食べてみたい名物です。
ほんのりと甘い優しい味わいは、心を落ち着かせてくれます。子供からお年寄りまで安心して食べられる銘菓です。
黒糖味、海塩入りのものもあります。

北海道 「北菓楼」

砂川市西1条北19丁目2番1号
http://www.kitakaro.com/category/OKAKI01/

北海道物産展でも、人気のお菓子屋さんです。

開拓おかき 1袋410円

コロコロとした食べやすいサイズのおかきです。味が色々とあり、食べ始めると止まらなくなってしまいます。
定番の味の他に、期間限定の味もあり色々と楽しめるのが、より人気になる理由でしょう。
定番 ・昆布味  ・いか味  ・秋鮭味  ・帆立味  ・甘エビ味
他にも美味しいものが沢山揃っています。バームクーヘンもおススメです。

大阪府 久国紅仙堂 

箕面市箕面1丁目1-40
http://www.hisakuni.net/

・もみじの天ぷら

もみじの天ぷらの発症は今からおよそ千三百年前。秘伝の衣をつけて揚げたかりんとうのようなお菓子です。
富くじ発祥の地「箕面」の伝統銘菓。もみじを“揚げる”お菓子ということから、運気を”上げる“お菓子としても人気です。
何ともユニークなお菓子です。天ぷらと言ってもお菓子の味がする不思議な感じでし。

 

島根県「中浦食品」

松江市東出雲町錦浜583-41
http://www.nakaura-f.co.jp/193.html

松江市の海産物などを扱う食品会社です。

・どじょう掬い饅頭 16個入り1,295円

その名の通り、安来節に合わせて踊る「どじょう掬い踊り」に使う“ひょっとこの面”を象ったお饅頭です。
そのインパクトのあるフォルムは、見た人の心を和ませてくれます。山陰地方では代表的な銘菓となっています。
甘く素朴な味も、長い人気の理由でしょう。

青森県「ラグノオ」

弘前市白石町9
http://www.rag-s.com/apple/index.html

小さな駄菓子屋さんから始まったリンゴの産地青森県の洋菓子屋さんです。

パティシエのリンゴスティック  4本袋入り 620円

2
013年に全国菓子大博覧会で金賞を受賞。
青森県産のリンゴを大きめにカットして、スポンジ生地と一緒にパイで包んだもの。大き目のリンゴがとても嬉しいパイ菓子です。甘みの酸味のバランスがとてもよく、食べやすいサイズです。
さすが、リンゴの産地です。

・気になるリンゴ  1個700円

青森県産「ふじ」をシロップに漬け、まるごとパイで包んだアップルパイです。贅沢の極みともいえるお菓子です。リンゴの美味しさが十分に味わえ、パイがその美味しさをアップしてくれます。
ネーミングもいいですね。

大福・和洋菓子専門店【新潟菓子工房 菜華亭】

54d72d3964eb09330f218f3d6e1b89ec_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)