神秘的な国・インド。多くの女性を虜にするヨガ発祥の地であり、華やかなサリーやインドアクセサリーは見ているだけで心を踊らせてくれます。そんなインドは、女性の美貌も世界的にトップクラス!

道を歩く女性たちがまるでモデルのように美しく、ミス・ワールドや美人コンテストに選ばれた女性も多くいます。艶やかな黒髪に、キメの細かい肌、輝く瞳。女性なら誰もが憧れてしまう三大要素をしっかりと持ったインドの女性。

そんな彼女たちの美しさを支えているひとつが「アムラ」という、アーユルヴェーダにも使用される果実です。


【アムラとは】

アムラは8m~18m程まで成長する落葉樹で、インド全土で栽培されています。ピンポン球のような大きさで、美しいイエローグリーン色の果実です。
別名「アーマラキー」とも呼ばれ、サンスクリット語で“看護師(母のように治療できる人)”という意味があります。

その名が持つとおり、豊富な栄養で人々を輝かせます。

【アムラとアンチエイジング】

アムラはインドの伝統医学アーユルヴェーダで「若返りの果実」と称され珍重されてきました。
アムラには、強力な抗酸化作用を持つポリフェノールが豊富で、その含有量は赤ワインの約30倍も含まれています。ヒアルロン酸やコラーゲンの減少抑制に役立つ成分も含まれています。

【アムラと美肌】

アムラには、レモンの約10倍ものビタミンCが含まれています。抗酸化作用があり、コラーゲンの素ともなるビタミンCは、女性の美肌にとって必要不可欠な栄養素。熱に弱く、壊れやすいとされるビタミンCですが、アムラに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴です。

【アムラと美髪】

アムラはビタミンB、カルシウム、カロチンも豊富に含まれています。これらの働きによって、頭皮を改善し、白髪・抜け毛予防・育毛、髪に輝きを与えるなど、髪の健康に非常に効果的とされています。インドの女性たちの髪が美しいのは、アムラのおかげかもしれませんね!

【アムラと瞳】

インドでは、アムラは眼の病に薬としても使用されます。アムラとハチミツを混ぜたものを毎日飲めば、瞳の美しさがアップし、視力回復を助け、緑内障にもよいといわれています。またアムラ&ハチミツは便秘解消にも効果的です。

【アムラの食べ物】

アムラの栽培が盛んなインドでは、塩やスパイス、オイルでアチャールにしてカレーの付け合わせにしたり、砂糖漬けにしてアムラでキャンディを作りおやつとして味わっています。またスープ、炒め物、サラダなどの日常の食材としてはもちろん、ジャムやハーブティーにして午後のティータイムのお楽しみにもしています。熟した実を食べることもありますが、酸味と苦味があるため、基本的には調理して使われています。

日本では生の果実での入手が難しいので、摂取方法としてはサプリやお茶、パウダー状の物のみとなります。髪にいいとされるアムラは、日本でもシャンプーとしても多く市販されており、通販などで購入可能です。

【アムラと心】

美容効果だけでなく、多くの薬効成分も含まれることから、果実だけでなく葉から幹、根にいたるまでアーユルヴェーダの薬をつくるために利用されてきました。
アーユルヴェーダでは、「体や精神に最もよい効果」を与えるハーブとして、重要な位置を占めています。生命を活性化させ、活力を与えるとされていますので、ヨガ後のゆったりとした時間などでお茶として味わいたいですね。


インドの女性たちの美しさを支えるアムラ。インドの食卓には欠かせないといわれています。日本では新鮮なものを味わうのは今のところ難しいですが、インド旅行などに行った際には、アムラを使ったお食事をぜひ味わってみてください♪





lgf01a201408251600
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)