歯茎の色から、口の中の健康度合や歯周病の具合がよくわかります。歯茎はいっけん赤いようなイメージですが、健康な歯茎は綺麗なピンク色をしているものなのです。赤くなった歯茎の場合は歯周病が進行していることがあります。歯周病が進行すると歯茎はプヨプヨ柔らかくなり同時に赤くなってきます。筆者は職業柄、初対面の方やすれちがう人などついつい口元や歯茎を見てしまいます。にっこり笑って歯茎がちらっと見えると、少し歯周病なのか、かなり歯周病なのかもじっとみてしまうことがあります。歯茎が真っ赤だと口が臭いーなんてこともあるので要注意です。また、恋人やパートナーの口元を観察してみてください。歯茎が真っ赤だと、歯周病の場合が高く、キスしたときに菌が移ってしまい自身も虫歯や歯周病になりやすくなってしまうこともあります。



【鏡で歯茎チェックしよう】
たまには鏡で顔だけでなく、口の中や歯茎もみてみるのがオススメです。通常綺麗なピンク色をしているはずの歯茎ですが、赤かったり黒みがかていたりしないかチェックです。赤い歯茎になっている場合、歯周病が疑われます。

そして少し歯茎を触ってみてプヨプヨ柔らかかったりすると、それもまた歯周病の可能性が高いです。歯磨きをして血が出でくるのも歯周病の症状の一つです。このように日常的にセルフチェック出来ることもあるんですね。



【歯茎が黒ずんできている】
煙草を長年吸っていると、歯茎が黒ずんでくることがあります。煙草により色素が沈着してきますし、歯茎の血行も悪くなるので色が悪くなったりします。喫煙者の方が非喫煙者に比べて歯周病になりやすいですし、進行しやすいというデータがあります。また、歯茎が黒くなる原因の一つにメタルタトウ―というものがあり、銀歯をいれているまわりの歯茎が黒ずんでくるというものです。口の中に入っている銀歯は日々熱いものや冷たいもの、力がかかったり唾液にさらされたり過酷な環境におかれている為、劣化してきて金属イオンとして溶けだしてくるのです。

周りの歯茎の色を黒くしてしまうことがあります。また、古い銀歯を口の中に入れておくのもよくありません。長年口の中にある銀歯は劣化している場合が多く、イオン化して溶けだした金属が体内の蛋白質と結合しアレルギーを引き起こすという報告がされています。口元の清潔さは非常に重要ですから、歯茎が黒ずんできていたら一度歯科医院に足を運んでみてください。



【歯茎の色を改善させるには】
赤くなってしまっている歯茎の色も、ピンクの健全な歯茎にしていくことが可能です。まず丁寧に歯を磨き、フロスや歯間ブラシなどの清掃用具も併用するとなお効果的です。毎食後、一日三回歯磨きをします。朝ごはんを食べない方もいますが、朝は寝ている間に繁殖したばい菌が口の中に一番多い状態ですから、朝ごはんを食べる食べないに関わらず歯を磨くことが大切です。同時に歯科院で歯のクリーニングや歯周病の治療を受けることで健康な歯茎をとりもどすことができます。欧米では、定期的に歯科医院に歯のクリーニングや健診に行くのは常識でむしろ治療しに行くことの方が少ないです。歯の定期健診は半年から1年に一回は最低でも行くといいでしょう。




【レーザー治療、歯の黒ずみがとれる】
歯茎のメラニン沈着による黒ずみや、喫煙による黒ずみ、銀歯周りの黒ずみは歯科用のレーザーでとることができます。CO2レーザーを集中的にあてることで健康な歯茎を取り戻すことができます。歯科医院によって異なりますが保険外治療になるので上下で各2万円から3万円が相場になります。




【歯茎エステ】
最近では歯茎エステというものもあります。歯茎をマッサージして、歯茎の健康を促進しようというものです。足に様々なツボがあるように歯茎にツボがあるといわれています。また、歯茎や周囲の粘膜をマッサージし刺激することで唾液の分泌が促進される効果があります。年を重ねることで唾液が少なくなり、口の中がねばねば乾燥しやすくなります。歯茎や、頬特に耳の少し前や顎の下を優しくマッサージしてみるの効果的です。


lgf01a201311101500[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)