見渡せば歯科医院だらけ、道を歩いていると新しくできた歯科医院を見かける時代になりました。コンビニより多いと言われ今やどこにでも歯科医院がある時代、家の近く会社の近くにもいくつか歯科医院を見かけることでしょう。しかし、いざ歯の歯科医院へ行こうと思ってもどこがいいか分からないという方は意外と多いのではないでしょうか?ホームページを見たり、口コミを見たり、家の近くだからなど理由は様々でもなんとなく歯科医院を選んでいる方も多いかと思います。
実際歯を磨くことも大切ですが、どこの歯科医院に行くかで自身の歯の寿命が大きく変わってくるものなのです。歯科医院選びに欠かせないポイントをいくつか紹介します。



【そもそもなぜ歯科医院を慎重に選ぶべきか?】
実際、それぞれの歯科医院によって治療の内容やレベルに差があるものなのです。風邪で内科にかかった時に薬を薬局に取りに行くのとは違って、歯の治療は外科的な面が多く歯科医師個人の技量や器用さにばらつきがあります。治療内容においても保険治療において大幅な変更はなくとも、30年前と現在では医療は進化してきていますし、積極的に勉強している先生もいれば30前の知識から何も変わっていない先生もいます。歯科医院によって一生付き合う自身の歯なので、信頼できる医院で予防の治療も含め納得して治療を受けたいものです。また、歯科医院によって専門や得意とする分野も少しづつ違います。



【歯が痛くなる前に歯のクリーニングにいってみる】
いざ歯が痛くなってしまってどこの病院がいいか探すよりも、常日頃から健診に通い歯のクリーニングやメンテナンスを受けて《かかりつけ》を作っておくことが大事です。先生はよく話を聞いてくれるか、説明は分かりやすいか、診療時間はどのくらいなのか、待ち時間やスタッフの雰囲気などいろいろなことが分かると思います。



【よく説明してくれているか】
治療法は一つしかない場合もあればいくつか選択肢がある場合もあります。自身の歯の状態や必要な治療方法、治療によるリスク、かかる期間など事前にしっかりと説明してくれているかはとても重要です。自身の大切な歯ですから、納得できるまで話を聞ける環境にあるべきなのです。



【歯周病の検査や歯のクリーニングを丁寧にしてくれる】
30代以上の90パーセント以上は歯周病にかかっているという統計があります。定期的にし歯周ポケットの状態を検査し丁寧に歯石をとってくれる歯科医院を選ぶべきだといえます。歯の掃除も、歯の表面の歯石以外にも歯周ポケットの奥深くの歯石や汚れまで何回かに分けて綺麗にクリーニングしてくれる歯科医院はオススメです。まだまだ<え?歯の掃除またするの?>という感覚のひともいるかと思いますが、歯科医院でのプロフェッショナルな歯の掃除は歯周病予防に非常に重要です。どんなに綺麗に歯を磨いているつもりでも意外と細かい部分に汚れが残っていることが多いです。定期的に歯の掃除やメンテナンスを受けて、自身の歯磨きと歯科医院での歯の掃除を合わせて100パーセントに持っていくという感覚を持つといいかもしれません。



【保険診療も自費診療も選択肢はすべて説明してくれる】
自費診療は高いというイメージがありますが、高額な以外にもやはり利点もたくさんあります。高額な治療ばかりをすすめてくる歯科医院もよくないですし、逆に勝手に保険がきく診療をおこなってしまうような医院もおすすめしません。今後行う診療にはどういった治療法があるのか、その利点欠点を教えてくれるかを見極めます。例えば歯がなくなり入れ歯になりますよと言われた場合、他にもインプラントやブリッジが適応であることがあります。



【歯の磨き残しの状態を教えてくれる】
歯の治療ばかりでなく、常に口腔の状態や歯磨きの具合を教えてくれることが大切です。欧米では、歯科医院に治療しに行く人は2パーセントであとの98パーセントは健診やクリーニング目的で行くそうです。



【器具が清潔】
歯科医院では観血的な治療が多く、器具がどのくらい清潔化が非常に重要になっています。ホームページで感染予防についての記載があるか確認したり、他にも歯科医院の受付で直接聞いてみるのもいいでしょう。現在は<オートクレーブ><ガス滅菌器>という機械ですべてのばい菌を死滅させるのが一般的です。



【セカンドオピニオン】
セカンドオピニオンは積極的に受けるべきだと思います。歯は非常に重要です。歯が一つでも多く残っていることで生涯どのくらい健康に生きられるかが決まるといっても過言ではないほどです。とくに歯を抜きましょうと言われたり、痛くない歯の神経をとりましょうと言われた場合に、その説明に納得できなければセカンドオピニオンを選択するのも一つの手です。


末永くお付き合いできる歯科医院を見つけて、健康な歯と口の中を保ちたいものです。

lgf01a201310141300[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)