便秘に悩む女性は多いもの。でも、みんな同じだから大丈夫!なんて思っちゃいけません!便秘は腸内に排泄物をため込んでいる状態なんですから、そりゃあカラダにはよくありません。排泄物がカラダの中に停滞していると、カラダの中の悪玉菌はそれを栄養としてグングン成長!おならの元になるくっさ~いガスや、発がん性物質も発生してしまう上、放置しておくと腸壁から吸収、カラダの隅々まで行き届いてしまうことに!
こうなると、体臭や口臭に影響が出ますし、肌荒れの原因になります。果てはガンを患ってしまうという結果にもつながってきますので、毎日排便習慣がない人は、排便の癖をつけるようにしましょう。



☆理想は毎日排便!
3日に一度出てるから私は便秘じゃない♪という人、ちょっとまって!
理想は毎日排便です。3日間も汚いウンチをため込んでいて平気なんて常識は捨ててください。
大体、体内で便が作られるのは、食事のあと24時間以内です。その後、腸に長くとどまればとどまるほど水分が減っていき、排出しにくくなっていくのです。固くなって排出しにくくなった便によって肛門が傷ついたり、いきんだときに圧迫されたりして、痔になることも考えられますので、理想のうんちの状態で排出するようにしましょう。



☆便秘の原因その①腹筋力の低下
便秘の原因その①は腹筋力の低下です。腸を支える筋力の働きが弱ってしまい、腸の動きが鈍ってしまうことにより便秘になってしまうのです。 この場合の緊急解決法は、【運動をする】【腹筋を鍛える】【カラダを伸ばす】【腸をマッサージする】です。とにかく腸を動かしてあげること。これが速攻で効果を感じられる方法です。
同時に、インナーマッスルを鍛えておくと、腸の位置が整えられ、動きやすくなるために、便秘解消効果が得られます。緊急解決法と併せて、エクササイズなどを行い、インナーマッスルを鍛えましょう。



☆便秘の原因その②食物繊維が足りない
野菜不足による便秘は簡単。日々の食事に食物繊維を多く含む食べ物を取り入れるだけでいいのです。プルーンやバナナ、リンゴなどは優しく腸に働きかけてくれますので取ってもおすすめ。その他、意外にもタケノコや納豆も便秘に効くんですよ!
ダイエットなどで食事を控えている人は、特にバランスに気を付けてください。カロリーばかり気にしているとカラダのあちこちにひずみができてしまいます。食事の役割を考えながら、いろんな食材を少しづつ摂ることで、ダイエットしながら便秘解消を目指せます。



☆便秘の原因その③習慣性の便秘
便秘が習慣になっている場合もあります。特に、現代人は時間に縛られているため、ゆっくりトイレに入っている暇がない、トイレに行きたいけれど我慢している、など行きたい時に好きなだけトイレに行ける生活ではありません。けれど、そんな毎日を繰り返していたら、【トイレに行きたい!】という感覚をカラダが忘れてしまうんです。そうなってくると、どんどんトイレに行く感覚が長くなり、そのまま便秘体質へ突入です。すでに便秘が習慣になってしまったカラダを、快便体質に変えるためにはとにかく【トイレに行くこと!】です。



毎朝、出る出ないにかかわらず、トイレに入り排便しようとする、この行為を繰り返すだけでだいぶ変わってきます。
朝が難しいなら夜でも構いません。とにかく一日一回はトイレで排便する時間を取るようにしましょう。そうすることで、自然と排便感覚が戻ってくることでしょう。
友達同士でもなかなかトイレの話ってできませんよね?でも、トイレってとっても大切なんです。1日や2日くらいトイレに行かなくってもいいやなんて思わずに、毎日行って、カラダの中の老廃物を出しちゃいましょう。

腸の中をすっきりさせることで、肌もつやつや、カラダすっきりです。外面の美しさばかりでなく、内側の美しさも磨いてみましょう。

gatag-00007503[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)