梅雨のこの時期、ジメジメして頭が痛い、何となくやる気が起こらない、だるい、食欲がない…こういった症状の人はいませんか?毎年このようなことを経験している人も多いのではないでしょうか…これらに心当たりがある人は自律神経の乱れが原因だったりします。このままの状態で過ごして暑い夏が来ると体力は消耗してしまうばかり。自律神経が乱れ、体のあちこちに不調が出てきてしまいます。夏本番になる前に自律神経を整えて元気に夏を過ごしましょう!



★注意!夏バテ起こしやすい人の特徴★
○冷房が好きで冷たいものをよくとる
○寝不足
○運動不足
○温度の差があるところを行き来する
○一度にドッと汗をかく

これらの項目にたくさん当てはまる人は要注意です。
気温が高いと、つい冷たいものを飲みたくなります。ですがこれは「冷え」のもと。かえって体がだるくなってしまうことも。体を冷やす氷は少なめで…なるべく常温のものをいただくようにしましょう。



★自律神経が乱れているかも?チェック表★
○全身のだるさ
○食欲がない
○疲れやすい
○便秘や下痢をする
○無気力
○立ちくらみやめまい

いくつ当てはまりましたか?上記の項目でチェックが多かった人は、自律神経が乱れている状態です…
気温の変化に体がついて来ていないので、こういった症状が出やすくなってしまうのです。今のうちにしっかり整えてケアしておきたいですね!では、これらの不調を引き起こさないように今から日々の生活の中に取り入れていけばいい、おススメの習慣を紹介します。


※ゆっくりお風呂につかる
血流もよくなりますし、お湯につかることを習慣にしましょう。暑いからといってシャワーだけで済ますのではなく、ゆっくり少しぬるめのお風呂に入るのが効果的です。体を温めることでリラックスもできます。お湯の温度は38~39度がいいと言われています。半身浴よりも全身ゆっくりと浸かってリラックスしましょう。持病があるなどの場合は別ですが、しっかり肩までお湯につかるのがおススメです。身体の芯まで温まることが出来ます。また入浴に炭酸のバブやアロマオイルやバスソルトでとっておきのバスタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。


※睡眠時間をたっぷりとる
この時期、蒸し暑いとなかなか寝付けなかったりしますが、寝る前にエアコンのドライなどで部屋を快適な湿度にしておくといいですね。また部屋を暗くしてアロマを焚いたり、好きなヒーリングの音楽をかけたりして「休む空間」を作るのもいいですね。リネン類を快適なものにするのも良いです。夜は早めに部屋を暗くして寝る環境を作りましょう。寝る前のスマホやパソコンのブルーライトは良くありません。脳や神経が起きてしまいます。夜中のパソコンやスマホはなるべく避けてリラックスした状態でしっかり質のいい睡眠をとり、一日の疲れをリセットしましょう。一日の疲れはその日のうちにとっておくことが大切です。


※体を冷やさない
暑いとどうしても欲しくなる冷たい飲み物や食事。ですが冷たいもののとり過ぎは、内臓まで冷やしてしまいます。血流が悪くもなります。これは自律神経を乱す原因にもなるのでなるべく控えるように心がけましょう。食事の時にお味噌汁や温かいスープなどをとり、体内から温めると良いです。こいった食生活にも気を遣って過ごしていくと体は喜びます!



いかがでしたか?体温調節ができなくなって体が不調になる前に、これらのことを積極的に取り入れて今から始めてみてはどうでしょうか。体を温めることは自律神経を整えることにつながるので、これらを習慣にして元気に楽しい夏を迎えることができたらいいですよね。

lgf01a201307132100[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)