「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」・・・この2つの言葉、知っていますか?

聞き覚えのある人はなかなかの健康マニア。難しい言葉に聞こえますが、実はこの2つは私たちの生活に身近なものであり、腸の健康を維持するためには不可欠な、とっても重要なキーワードなのです。


【プロバイオティクス】

プロバイオティクスとは、私たちの身体に良い影響をもたらす細菌、およびその細菌を含む食品のことをいいます。腸内にはたくさんの細菌が住んでいて、それらは決して身体に良い細菌ばかりではありません。プロバイオティクスは私たちの腸内細菌のバランスを整え、異常を改善することによって私たちの健康に有益な効果をもたらしてくれています。
具体的な機能としては、下痢や便秘の予防、腸内の良い菌を増やし悪い菌を減らす、腸内環境改善する、免疫力回復など。腸は最大の免疫器官とも言われており、プロバイオティクスの摂取はおなかの健康を守るだけでなく、からだそのものの健康に繋がっています。

◆プロバイオティクス食品をたべよう

プロバイオティクスの代表的な食品といえば、ヨーグルトや乳酸菌飲料。私たちの健康に有益な効果をもたらしてくれる乳酸菌は善玉菌と呼ばており、特にビフィズス菌は、腸内に住みついている最も多い善玉菌だといわれています。普通のヨーグルトよりも、ビフィズス菌の含まれているものを摂取したほうがより早く腸内の善玉菌を増やすことができます。
しかし、ここで注意すべき点は、すべての乳酸菌がプロバイオティクス食品ではないということ。腸内にすんでいる乳酸菌には種類があり、また個人によってその割合が異なります。腸内の善玉菌を増やすためには自分にあったプロバイオティクス食品を見つけ、それを継続して摂取していくことが大切です。プロバイオティクスには特定保健用食品として認可された食品もあるので、ヨーグルトや乳酸菌飲料を買う際はその表示に注目してみてださい。
また、意外に思うかもしれませが、納豆や味噌、漬物などの発酵食品も立派なプロバイオティクス食品なのです。これらも乳製品同様、継続した日々の摂取が重要です。


【プレバイオティクス】

プレバイオティクスは、大腸に住み着いている有用菌を増殖・活性を高めることにより、宿主の健康に有利に作用する難消化性の食物成分のこと。つまり、プロバイオティクスである善玉菌のエサとなるのがプレバイオティクスです。プレバイオティクスの機能は乳酸菌の増殖促進作用、整腸作用(便通改善)、ミネラル吸収促進作用、腸がんの予防、腸管免疫増加など、私たちの健康に有益な効果が多数報告されています。

◆プレバイオティクス食品をたべよう

プレバイオティクスとは、次の4つの条件を満たす食物成分を指します。
1、消化管上部で分解・吸収されないこと
2、大腸に共生する有益な細菌の栄養源となり、それらの増殖を促進または代謝を活性化すること
3、大腸内の細菌バランスを健康的なバランスに改善すること
4、宿主の健康に有益であり増進維持に役立つこと

オリゴ糖や一部の食物繊維がプレバイオティクスとしての要件を満たす食品成分として認められており、日本では特定保健用食品の関与成分として認可されています。
オリゴ糖は善玉菌を殖やすために1日に5~10g摂ると良いといわれていますが、食品への含有量が微量なため1度に十分な量を摂取するのはとても難しいです。そこで、オリゴ糖を主成分とした甘味料を砂糖の代わりに使用していく方法でプレバイオティクス摂取量を増やしてきましょう。オリゴ糖には顆粒タイプやシロップタイプなどあるため、使いやすいタイプを使用してください。食物繊維は根菜類やイモ、キノコ、豆、海藻、雑穀米や玄米などの穀類に多く含まれているため、意識してバランス良く摂るようにしましょう。


【シンバイオティクス】

シンバイオティクスという言葉は聞いたことがありますか?シンバイオティクス=プロバイオティクス+プレバイオティクスのこと。つまり、プロバイオティクスに当たる善玉菌と、その善玉菌のエサとなるプレバイオティクスを同時に摂取すること、またはその2つが組み合わさった食品のことをシンバイオティクスといいます。

◆シンバイオティクス商品が増加している

健康志向者の増加によりヨーグルトなどのプロバイオティクス食品の消費が増加傾向にあるなか、さらにそこにオリゴ糖や食物繊維などのプレバイオティクスを加え、2つを同時に摂取できるシンバイオティクス食品も近年増加しています。プロバイオティクスとプレバイオティクスを一緒に摂取することで、腸内細菌の健康作用がさらに高められると考えられています。
現在シンバイオティクスは医療現場でも応用されており、短腸症の患者にシンバイオティクスを投与した結果、腸内の悪玉菌数が減少し、全身の栄養状態が改善されたという事実が報告されています。


今回初めてプロバイオティクスとプレバイオティクスという言葉を知った方も多いと思いますが、両者とも私たちの食生活の中に当たり前のように存在しており、誰もが簡単に手に入れることができるものばかりです。
スーパーに買い物へ行った際は、ぜひプロバイオティクス、プレバイオティクス、そしてシンバイオティクス食品を探し、実際に手に取ってみてください。意外と簡単に見つけることができるはずです。


ncyi13

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)