「熱中症」、毎年、ニュースで必ず、取り上げられていますね。あなたは「熱中症」についてどれくらい知っていますか?その原因や予防、対処法について正しい知識をお持ちでしょうか。
身近に起こる可能性は、とても高く、もちろんあなた自身がなってしまうことも・・・「熱中症」について、知っておきましょう。

「熱中症とは」
高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていない時でも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

「熱中症の症状」
・めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
・頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
重症になると
・返事がおかしい、意識消失、けいれん、体が熱い

「なぜ、熱中症になるの?」
人の体温を調節すメカニズムがあるのだが、そのメカニズムがうまくいかなくなることにより、熱中症になる。
皮膚の表面から空気中へ熱を放出する。
汗をかき、その汗が蒸発するときに熱を奪う働き(気化熱)を利用する。

上のようなメカニズムで、体温を上手にコントロールしているのだが、気温が体温より高くなると、空気中への熱の放出が難しくなるため、体温調節は発汗だけにとよることになる。ところが真夏日によくあるように、気温が高いばかりでなく、湿度も75%になると、汗をかいても流れ落ちるばかりでほとんど蒸発しなくなる。その為、発汗による体温調節すら事実上できなくなってしまう。こうして、体温を調整する機能がコントロールを失い、体温がグングン上昇してしまう機能障害である。炎天下ばかりでなく、室内で静かに過ごしていても起こりうる。

「熱中症の種類」
・熱失神 
皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こります。
脈は速くて弱くなります。
特徴 めまい、一時的な失神、顔面蒼白
・熱けいれん
大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。
特徴 筋肉痛、手足がつる、筋肉がけいれんする
・熱疲労
大量に汗をかき、水分の補給が追い付かないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。
特徴 全身倦怠感、悪心、嘔吐、 頭痛、集中力や判断力の低下
・熱射病
体温の上昇のために中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。
特徴 体温が高い、意識障害、呼びかけや刺激への反応がにぶい、言動が不自然、ふらつく

「熱中症の対処法」
熱中症は重症度によって処置の仕方が異なります。
めまいやふらつきなど熱中症の初期症状に気づいたらすぐ休むべきですが、もともと体調が悪いために頭痛や倦怠感を感じている場合は、熱中症にかかっているのに気付かないことがあります。
万一、熱中症が起きてしまった時には、適切に応急処置する必要がありますが、以下のような症状が1つでもあったら、すぐ医療機関につれていきましょう。場合によっては救急車を呼びましょう。
・本人の意識がはっきりしていない
・自分で水分塩分(ナトリウム)が摂取できない
・症状がよくならない
・手足に運動障害がみられる

すぐに涼しい場所へ移し、体を冷やし、水分補給する
体温を下げるために、風通しの良い日陰やクーラーが効いている室内などで体を冷やす
氷や冷たいおしぼりなどでわきの下や脚の付け根、首を冷やします
冷たい水やお茶、スポーツドリンク、経口補水液などを飲んで脱水状態を塩分バランスの改善も必要です
激しい頭痛、吐き気、体のだるさ、身体に力が入らないといった症状があるようなら、内科で診療を受けましょう。また、自力で水分の摂取ができないときや、呼びかけに対する反応がおかしかったり、けいれんを起こしたりしているような場合にはすぐに医療機関へ搬送する必要があります。又、救急隊が到着するまでの間にも、できるだけ体の冷却を行うようにしましょう。

「熱中症の予防」
 暑い時、無理な運動は事故のもと
気温が高い時ほど、また同じ気温でも湿度が高い時ほど、熱中症の危険性は高くなります。
 急な暑さに要注意
熱中症事故は、急に暑くなったときに多く発生しています。夏以外でも急に気温が高くなったような場合に熱中症が起こりやすくなります。
 失われる水と水分を取り戻そう
暑い時にはこまめに水分を補給しましょう。汗からは水分と同時に塩分も失われます。スポーツドリンクなどを利用して、0.1%~0.2%程度の塩分も補給するとよいでしょう。
 薄着スタイルでさわやかに
皮膚からの熱の出入りには衣服が関係します。暑い時には軽装にし、素材も吸湿性や通気性のよいものにしましょう。屋外で直射日光がある場合には帽子を着用しましょう。
 体調不良は事故のもと
大著が悪いと体温調節能力も低下し、熱中症につながります。疲労、睡眠不足、発熱、かぜ、下痢など体調が悪い時には無理はしないようにしましょう。

テレビで熱中症のニュースが流れていても、自分には関係ないことと思っていた方、「熱中症」が怖いもので室内でもかかってしまうことがあるのをご理解いただけましたか。
時には命を危険にさらす「熱中症」、十分な知識を持ってなってしまったなんてことにならないようにしましょう。