日本女性の平均的な閉経年齢は、40後半から50歳前後と言われています。そして今回のお題でもある更年期障害は、この前後10年間ぐらいの間が更年期と言われる時期であり、卵巣の働きが徐々に低下していることを表します。 そのため閉経が続くと卵巣から分泌されるエストロゲンという成分の量も少なくなっていき、脳からもエストロゲンの分泌が不足しているからもっと分泌せよ!という指令が卵巣に届けられます。 卵巣からエストロゲンが分泌される能力はもう無いのに、脳からは卵巣を刺激するホルモンがどんどん分泌されていくのです。 こうしたホルモンバランスのアンバランスさから自律神経の働きが乱れ、女性には辛い更年期障害が起こってしまうのです。

【若年性更年期障害とは?】 若年性更年期障害の原因と言われているものは、ストレスや無理なダイエット食生活を含めた不規則な生活などが大きな原因とみられています。そして女性の社会進出が当たり前になった現在、女性も男性と同じように社会で責任やストレスを抱え精神的にも肉体的にも疲労やストレスを溜め込むようになってしまいました。男性と違い女性の体は本当にデリケートにできており、女性ホルモンの分泌には卵巣だけではなく脳が大きく関わっているのです。卵巣を刺激するホルモンは脳から指令を出されていますが、その脳自体が過度なストレスを与えていると、その指令さえもままならないといった悪循環が起こってしまうのです。 そういう意味では自律神経失調症も更年期障害も同じといえば同じなのですが、その原因としてエストロゲン女性ホルモンの欠乏や不足があるかどうか、自律神経失調症という病気か、若年性更年期障害という病気の 大きな違いと言えるのです。 そしてストレスにより若い年代で閉経してしまうのは、稀な状態ですが、創発閉経を迎える人も少なくありません。医学的には1年以上無月経が続くと閉経とみなされてしまい、生理が来なくなって半年ぐらいという人は続発性無月経と呼ばれます。 若年性更年期障害の対処法としては、無月経を長く放置することで治療しても回復しなくなることが多々ありますので、創発閉経と感じたら早めに治療受けることをおすすめします。そして、まず最初に、本当に自分は創発閉経なのか、卵巣の機能低下、ホルモンバランスの乱れが原因なのかを確かめることが第一優先です。こういったものは血液検査で調べることができ、血液中のエストロゲンやや性腺刺激ホルモンの量を見ることでわかります。早発閉経の場合は、エストラジオールの量が3分の1以下に低下していて卵巣機能の低下程度ならばそれほど激しい低下もみられません。 そして卵巣機能やホルモンの量には問題なく、ホルモン分泌がスムーズに行っていない場合、まずは生活を見直してみることから始めてみてください。仕事や人間関係のストレスや若い女性に多い極端なダイエット、不規則な生活など思い当たることがあれば、それらを改善することでこういった症状を取り除くことができるようになるのかもしれません。 若年性更年期障害は、従来の40代50代の方々に起こる更年期障害とは違い、起こってはならない症状なので、こういう場合は早期の治療で改善を促していく方法が一番とされています。女性ホルモンなどで病院に行くのを怖がる女性は多いですが、ほったらかしにしておくということがどれほど危険かということちゃんと頭の中に入れておいてほしいと思います。

【男性更年期障害とは?】
更年期障害と言うと、女性に起こりうる症状という認識がされてきましたが、最近では男性にも更年期障害があると言われてきています。男性と女性の更年期障害の違いは、女性には閉経という目に見えてわかる大きな変化が起きることです。閉経というのは生理が年齢に応じ起こらなくなってしまうということで、閉経することで妊娠することはなくなってしまいます。そして閉経することでホルモンバランスの分泌の変化やいろいろな症状が結びつくため、医学的にも更年期という症状は女性特有のものだと言われてきているのです。
今回の題材でもある男性更年期障害の場合、非常に個人差が大きく、その症状を感じる人とそうでない人の差が大きく広がっているので、その存在さえも認知されていませんでした。男性更年期障害の症状は、男性特有の症状が発症するといわれています。 だるさ、疲労、神経質、不眠、うつ病、性機能減退、性欲の低下、勃起不全、めまいや立ちくらみ、筋力の衰え、そして集中力の低下。男性独特の症状と言えば、性機能減退や性欲の低下、そして勃起不全などが分かりやすい症状の一部ですよね。男性で言えば、糖尿病などでも勃起不全起こしてしまう可能性があるので、もしかしたらEDかもしれないという不安がある場合、病院で検査をすることをおすすめします。 そもそもなぜ男性更年期障害は現れてしまうのでしょうか。その理由は男性ホルモン(テストステロンの減少が原因といわれております。この男性ホルモンの分泌量のピークは、20代から30代。その後は年を取るにつれて40代後半ぐらいから減少していくのです。男性ホルモンの衰えと同時に性欲的なものもなくなっていくので、年代からしても理解できる話ですよね。 しかし、男性ホルモンの分泌量には、個人差がありますので分泌量の減少の仕方も人それぞれなので一概には言えません。そして男性で更年期障害を発症しやすいと言われている性格は、神経質、真面目、几帳面、責任感があるといった社会に対して過度なストレスを受けやすいタイプがなりやすいと言われております。



OZPA87_megaitaindesu20130707-thumb-1000xauto-17179

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)