お肌に良いとされているアンチエイジングケア用の基礎化粧品はたくさん売られています。小さな容器に少しの美容成分が入ったものが、1万円位する!それらをお肌にいいからといって、惜しみなく使うのは、きっと女子にしかわからないことかもしれません。
でもいくら高い商品を使ったとしても、効果実感のためには時間とお金をたくさん使ってしまいます。
そうなると、世の中にはお肌に良いとされるものがたくさん存在しているので、いくらお金があっても足りませんよね。
20代の頃は、少し高価な美容液を使っても、お肌が実感するのは早かったのに、年齢を重ねていけば重ねていくほど、お肌の実感に時間がかかってきてしまいます。
ちゃんとお肌を元の健康状態に戻したいのであれば、内側からのケアが大切になってくるのです。
プラセンタエキスや、コラーゲンなどのサプリメントもお肌にいいとされていますが、塗るという行為がないので、お肌が生まれ変わっているという実感があまり得られないのが難点です。
そしてサプリメントを毎日毎日摂取したところで体内の腸壁に溜まってしまっていたら、体内に吸収される事もなく、体外に流れていってしまうのです。
そのためには、体の中の水分をきれいに浄化して、デトックスすることが大切なのです。

♦腸内洗浄するためには、水を飲むだけでもできる!

私たちが日頃食べている食事や、とっているサプリは体の中に入って一度肝臓によって処理されます。
そのため、肝臓が常にきれいにしておかないと体に良いものを摂取したところで体内に吸収される事はありません。
そしてその肝臓を健康に保つために必要なものは、水なのです。お酒をたくさん飲み過ぎた次の日に、喉がカラカラになって水を欲する理由は、アルコールを処理している肝臓が体外に毒素出そうとする過程で、肝臓が水を欲するという理由なのです。
そして日ごろから便秘症の人でも、それは一日に必要な水分量が達していないという理由で、腸の働きが鈍り便秘となってしまうのです。

♦正しい水の飲み方と、水の量とは?

よく一日2リットルの水を飲むのが最適だと言われていますが、医学的にはちゃんと一日の水分量が決まっているのです。
それは、自分の体重の30倍、例えば50キロの人なら50 × 30 = 1,500ミリリットルということになるのです。
そして常に水は常温で飲むことが重要です。
そして一日に必要な水の量も、一気に飲み干すのではなく、起きている間に感覚的に飲むようにしましょう。
そしてコーヒーや緑茶の中にはカフェインが含まれているので、カフェインには利尿作用がある分、常温の水をたくさん飲むようにしましょう。
利尿作用がある飲み物では、水分補給にはならないのでご注意して下さい。

♦ミネラルウォーターといっても、硬水と軟水どっちがイイの?

水には、マグネシウムイオンとカルシウムイオンが含まれています。アメリカやヨーロッパなど大陸の国々では水が地層に滞在する時間が長いために、ミネラルをたくさん含んだ硬水となるのです。
海外のお水に硬水が多いのが、これでわかりますよね。
日本やイギリスの島組では、地層での滞在が短いために、ミネラル成分の少ない軟水となるのです。
そして、ダイエットにいいとされる水、軟水と硬水では、硬水の方が効果はあるのです。
ミネラルは身体にとって必要不可欠な成分なので、バランスのとれた体作りをするためには大切なモノなのです。
そして、マグネシウムには便を柔らかくする作用があるので、便秘を解消するにはもってこいのお水なのです。
ですが、反対に、お肌に良いとされるお水は、実は軟水なのです。
軟水のミネラルバランスは、人体のミネラルバランスに一番近いとされているので、その為体内の吸収率がよく、飲むだけでなく髪の毛を洗う時でも軟水はお勧めです。
そして、美肌のためにはこまめに水を飲む必要があり、一気に飲むのではなく、ゆっくりゆっくり飲むことで身体の中に、ちゃんと吸収されていくのです。

私達の体の70%を占める水分が、いかに大切か分かっていただけたでしょうか?
お水がお肌や、体、髪の毛、色々な部分に効果を発揮してくれるという事は、分かっていたつもりだけど…という方が多いと思いますが、年齢を重ねていく事で、感じずにはいられないお肌の年齢。
それらを改善するのは高価な基礎化粧品でも、サプリメントでもないかもしれません。
身体に必要なお水を、ちゃんと毎日摂取することで、身体の変化はちゃんと感じる事でしょう。
まずは、一週間、そして、水を飲む習慣がなかった人でも、一カ月、半年と続けていく事で、お肌や体の変化は感じるようになってくると思います。
お水を飲むだけで、美肌や、体の健康を手に入れることが出来るなら、もっと早くにしておけばよかった~と思ってしまうかもしれませんね。


ec17aac7df06c3c2048e6654b8444731_s


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)