皆さん『歯』を意識されていますか?
歯は対人でのシチュエーション時にとても重要なポイントの一つです
髪型や化粧等がばっちりでも歯が汚かったら全てが台無しという事もあります

歯を清潔に保つ為の3つのポイント
・食後の歯磨を徹底する
・歯ブラシのケアを心がける
・磨き方に技あり

1,『食後の歯磨きを徹底する』
皆さん朝起きて磨いて終わり等歯磨きを怠っていませんか?当然ながら食事を取った際、コーヒー等を飲んだ際等私生活の様々な所で歯に汚れは不着しております。歯磨きは可能な限り食後に行うよう心がけましょう

2,『歯ブラシのケアを心がける』
歯ブラシのケアを怠っていませんか?実は歯ブラシのケアは非常に大切です。ブラシがヨコに広がっていたり長く使用して傷んだ歯ブラシは歯茎を傷つけるだけではなく、汚れをきちんと落とせない歯ブラシになっています。また、毛先の広がってしまった歯ブラシは熱湯に浸け歯ブラシを回す事により毛先がまっすぐになり汚れも落とせる為非常にオススメです

3,『磨き方に技あり』
歯磨きの磨き方にはそれぞれ個人差が多く出ます。歯磨きのコツは「細かく」です 細かくブラシを動かし細かく磨く事が歯に不着した汚れを落とす為には欠かせません。また、角度も重要です 常にブラシが磨きたい歯の中心に平面に来ていなければなりません。角度が悪いと歯茎を傷つけてしまいます

勿論上記歯磨きテクニック以外にマウスウォッシュを使用したケアや歯間ブラシを使用し、細部までキレイに保つやり方もあります
どれも効果が実感出来る内容なので是非試して見て下さい。

次は歯のケアを行う上で絶対に行ってはいけないタブー編です

・針や鋭利なモノで歯を削る
・歯磨き粉を使い過ぎない
・歯を触らない

1,『針や鋭利なモノで歯を削る』
タバコのヤニや歯石等こびりついて歯磨きでは落ちない汚れを針等で削るという話しを聞きますが、これらは絶対に行ってはならない手法です。
何故なら歯の周りはエナメル質でコーティングされており削る事で剥がれてしまいます。これらが剥がれる事により虫歯に対して非常に歯が弱くなり一度削ってしまった歯は元には修復されません。

2,『歯磨き粉を使い過ぎない』歯磨き粉は大量に使うほどキレイになるイメージがありますが、非常によくありません。口内には細菌がたくさんありそれら全てが悪い細菌では無い為です。大量の歯磨き粉を使用した歯磨きはそれら細菌を激減させる事になり口内バランスが崩れ、口臭の原因の引き金にもなります。

3,『歯を触らない』
気になると触るという動作が付いてくるのはよくある事ですが、歯に関してもよくありません。例えば顔も同じように気になって触れば触るほどニキビ等の原因となります。手には非常に多くの菌が付く為 磨き心地を確かめたくても、今自分の歯が汚いか気になっていても、素手で触れる事は無いようにしましょう。

以上のポイントを抑え、正しい歯磨きライフを試してみては如何でしょうか。

lgf01b201501192300

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)