デスクワークのみなさんお疲れ様です。今日はちょっとした朗報をちょこっと。
なんと椅子に座って固まった腰を伸ばすストレッチ方法をご紹介したいと思います。
腰は万病の元とは言いませんが腰は身体の要と言います。
言葉通り、腰がやられてしまうとその場から動けなったりします。

上半身と下半身と繋ぐ「腰」は神経が一番集まっています。
そのため腰へのストレッチは毎日こまめに行う事で健康的に過ごす事が出来ます。

<ストレッチ1>
ネットで腰痛解消として有名なストレッチ方法です。
両手を頭の後ろで組みます。
前後・左右への上体倒し・ひねりの3種類を大きく息を吐きながら行います。
1日3回程度で朝・昼・晩行ってください。

<ストレッチ2>
足を使った腰のストレッチ方法です。
座った状態で片足を伸ばします。
伸ばした足先(つま先)をまっすぐ上に向けてください。足の裏を伸ばす意識で。
大きく息を吸い込みながら、体を前に倒します。腰から曲げるように意識して下さい。
片方ずつ行うのがおすすめです。

<ストレッチ3>
肩周りから腰にかけてのストレッチ方法です。
浅く椅子に座ります。
両手を上に上げ、息を吐きながら背中より後ろにそらしてください。
肩のだるさが抜けるまで反ってください。

通常であれば身体を動かしているためストレッチは必要ありませんが
長時間同じ体勢でいる事によって筋肉が固まってしまいます。
筋肉が固まると血管が圧迫されて血流が悪くなります。
血流が悪くなると老廃物が溜まり、腰や肩が凝りやすい身体に変化してしまいます。
これが冷え症や慢性的な肩こりなどの原因となります。
是非これらのストレッチを社内や学校等で試してみてください。

 



Backache

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)