しっかり寝ているのに疲れが取れていないと感じる、それって寝具が悪いのではないでしょうか。あなたに合った快適な寝具を選びましょう!今回は、布団と枕の選び方をご紹介します!

【「枕」と「布団」に欠かせない機能とは?】

■枕には欠かせない機能がある
枕は、吸湿性や発散性、通気性、支持性が必要です。寝ている間に人は大量の汗をかきます。その汗を吸収し、しっかりと発散しなければいけませんし通気性が良くなければ数日で嫌なにおいがしてきます。また、頭を支える大切なアイテムですから、支えてくれる機能も大切なわけです。枕との相性が良いだけで、本当に心地よい眠りにつけますよ。

■布団にも欠かせない機能がある
布団の機能は掛布団と敷布団、マットレスによって異なります。敷布団やマットレスには固さが必要ですが、掛布団は枕と同じ性能と、追動性や軽さが必要です!また、マットレスが動いては意味がないので、安定性も欠かせない。ふとんを選ぶ際は、こういった機能性を重視して選びましょう。


【寝相のタイプ別でみる寝具選びのポイント】

■上を向いて寝る人
人は一般的に上を向いて眠ります。上を向いた姿勢が最も寝心地の良い状態であり、疲れが取れやすいと言われているからです。ですが、大切なのは「自分が一番落ち着ける姿勢で眠ること」です。上にこだわる必要はありません。
上を向いて寝るという方は、枕の位置がしっかり高く固定できるタイプを選びましょう。眠っている時に、上を向いて眠る方はあまり動かない方も多いので枕で寝相をコントロールできるタイプがおすすめです。

横を向いて寝る人
妊婦さんには横向き寝がおすすめですね。体に負担がかからない寝方は横向きだと言われていますし、内臓の重さが考えられているので睡眠時無呼吸症候群の方にとっても快適な姿勢です。
毎日ずっと、横を向いて寝ていると骨盤などの体のゆがみが気になります。体の重さをフィットするように支えてくれる低反発がおすすめです。逆に、固いマットレスで寝て寝返りを多くするのも効果的です。

■下を向いて寝る人
貧血や呼吸器系が弱っている方は、うつ伏せで寝やすいと言われています。腰に負担をかけるので、あまりおすすめされていませんがうつぶせ寝は睡眠時無呼吸症候群で悩んでいる方にとっては最適な寝方です。です。固い布団でのうつぶせ寝はおすすめできません。また、首に負担がかかってしまうため全体的にやわらかい布団・枕を選びましょう。


いかがでしたでしょうか。睡眠時の枕や布団は重要なアイテムです。快適な睡眠を得ようと思ったらまずはアイテムをそろえることが先決です。寝相タイプ別に揃えると、あなたが最も寝やすい布団と枕が見つかるはずです。一度、あなたの寝ている間の姿勢を思い返してみて下さい。


全額返金保証付き!【たった30秒!いびき対策専用枕!】





(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)