最近、様々なエナジードリンクが増えてきましたね。
女性向けのエナジードリンクや、アメリカ発祥のエナジードリンクなどなど。
仕事やアルバイトで疲れたけど、次の日も仕事・・・。とか、明日はコンサートに行かなきゃ・・・。など
少しでも元気になるために、エナジードリンクを飲んだりします。
中には、身体に浸透しやすい点を利用して、お酒と混ぜる事で酔いやすいカクテルとして飲んだり。
どんどん種類を増やしているエナジードリンク、実はそれを始めとした炭酸飲料を飲んでいると
歯に悪影響が。飲み過ぎには、注意しなくてはいけません。

<炭酸飲料は歯を溶かす>
炭酸は元々酸性のため、エナメル質である歯の表面を溶かす作用を持っています。
しかし、溶けると言っても1時間も浸けておかないと、目に見えるレベルで溶けませんので
今すぐ止める必要はありません。重要なのは、飲み続ける事で歯への悪影響が続くというもの。
とは言いつつ、ビールなどの炭酸はシュワッとした快感があってこその飲み物なので
そう簡単にやめられません。さらに、夏場となればのど越しともに爽快感は倍増!と
言っても過言ではありません。

<酸性 × 糖分がヤバい>
歯への悪影響として、酸性と糖分の組み合わせが良くない。
炭酸飲料は、冷やすと甘さを感じにくくなります。
その結果、冷たくても甘いコーラやエナジードリンクを見ると、かなりの砂糖を使われていたりします。
砂糖を摂取し過ぎるとどうなるのか。身体は摂取した砂糖を、体外へ排出する機能が備わっています。
しかしその機能を使おうとすると、身体の中にあるカルシウム(骨の主成分)を奪われます。
カルシウムが減ると、人間はイライラしたり、気分が落ち込んだりします。
また、骨や歯などは主成分が奪われるので最悪の場合、骨粗鬆症や歯がなくなるなんて事も。
何でも摂り過ぎというのは、悪影響でしかありませんね。

ちなみに歯磨きをする際には、炭酸飲料を飲んでから30分以上時間をおいてください。
もしくは、一度口の中を水でゆすいでください。
酸性で弱ったエナメル質は、こすると簡単に削れたり傷つきやすく、虫歯の原因にもなったりします。
炭酸飲料を飲む際には、ぜひご注意ください。

子供の虫歯からやっと解放された!

Dentist Holding Dental Tools

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)