毎日あなたの睡眠と共にある寝具。1日の3分の1は一緒に過ごす大切なパートナーですよね。睡眠をとるにあたって必ず必要になる寝具ですが、実は良い眠りを妨げたり肌荒れの原因になっているかもしれません。
特にこの時期であれば朝起きたら寝汗でグッショリして気持ち悪い・・なんてこともありますよね。その汗を吸っている寝具をそのまま何か月も放置しておくとカビが生えたりなんてことも・・・。そうならないために常に清潔な寝具で眠る習慣を身に付けたいものです。

■枕のケア
カバーを洗うことはもちろんですが、それだけではいけません。寝汗や頭皮の皮脂、ヨダレなどがしみ込んでいるため中身のケアも必要です。素材ごとに洗い方・干し方が様々なので取扱い絵表示を確認しながらケアしてください。これで1番気になるニオイの部分はクリア出来ます。カバーに関しては、3日に1度ぐらいの頻度で交換をしましょう。

■布団のケア
基本的には天日干しなのですが、羽毛などの素材に関しては紫外線によって日焼けしてしまうものもあります。そのため取扱い絵表示を確認してからそれぞれ対応しましょう。そしてここからが布団のケアの本題です。
皆さん布団を干している時は思いっきり叩いたりしていませんでしたか?けどそれは大きな間違いです。叩くと奥の方にあるダニの死骸やハウスダストを拡散させてしまうだけなのです。おまけに布団の中の綿も痛めてしまうため、寝心地が悪くなる原因にもなります。
なので干した後は叩いたりせず「掃除機」で表面・裏面共にかけてあげてください。それだけで大部分は吸い取ってくれるためアレルギー体質な方はその違いを体感できると思います。
レイコップのような専用の布団専用の掃除機が理想ではありますけど、普通の一般家庭で使用している掃除機でも十分効果がありますので是非お試しください。

ソファやベッドを除菌できる掃除機「UVウルトラバック」

■ズボラな方のための最低限のケア方法
でもなかなか仕事の都合で忙しかったりで、そこまで手が回らない方もいらっしゃいますよね。そんな時でも簡単に出来るケア方法もご紹介します。
ケアはすごく簡単で布団をめくってエアコンの風を当ててあげるだけです。温度はちょっと冷たいぐらいの23~25度ぐらいで2時間ほどタイマー設定でつけていれば完了します。これである程度乾燥して、湿気によるニオイやカビが生える危険性はなくなります。ただ中にいるダニやハウスダストはそのままなので、掃除機をかけたりしてくださいね。これなら忙しくてもサクッとケア出来ちゃいます。

日本とアメリカで特許を取得したダニ対策用品【ダニ捕りロボ】

とにかく寝具で1番気を付けてもらいたいのは「湿気」です。湿気対策さえしっかり出来ていれば雑菌の増殖やカビが生えることは防げるでしょう。快適な睡眠を守るためにもみなさん気を付けてくださいね。


1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)