「健康診断」「人間ドッグ』皆さん、きちんと受けていますか。会社で受けないとなかなか受けるきっかけがなく、何年も受けていないという女性も大勢いらっしゃると思います。女性特有の病気もたくさんあります。早期に発見出来ればよかったという事がないようにきちんと診断をうけて、受けていればよかったなんてことのないようにしましょう。

「年代別女性特有の病気」

女性は、男性に比べて、妊娠・出産・更年期などで体にかかる負担や変化が大きいものです。実際男女の入院患者数を比べてみると、女性の方が男性よりも多く、その原因は女性の病気が多くを占めているそうです。
かかりやすい女性の病気も年代で変わってくるので、年代別にかかりやすい病気を見てみましょう。

※20代の女性がかかりやすい病気

・出産のトラブル
出産は母体に大きな負担がかかります。約6人に1人が帝王切開での出産というデータもあります。

・バセドウ病
若い女性にも多い甲状腺障害の代表的なものです。甲状腺のホルモンが過剰に分泌され、新陳代謝を必要以上に高めてしまう病気です。女性の方が圧倒的に多く、男女比は1:5と言われています。

・子宮頸がん
高齢の方がかかりやすい病気と思われているガンですが、子宮頸がんなどの女性のガンは20代の若い女性にもよく見られます。

・子宮筋腫
周りでもよく聞く病気であると思います。子宮にできる両性の腫瘍のことで、成人女性の4人に1人が持っていると言われています。無症状の場合も多く、不妊や流産の原因となることもあります。

・子宮内膜症
聞いたことはあるけれど、よくわからないという病気の一つだと思います。子宮内膜とは子宮の内側を覆っている粘膜で、受精卵が着床した時にクッションとなる役割を持っています。その子宮内膜組織に似た組織が卵巣など子宮外に発生する病気です。発症数は増える傾向にあります。

※30代の女性がかかりやすい病気

・帝王切開 ・異常分娩 ・子宮筋腫 ・子宮内膜症 ・子宮頸がん バセドウ病 ・乳がん ・関節リウマチ ・全身性エリテマトーデス

・関節リウマチ
高齢者の病気と考えられがちなリウマチですが、実は30歳代、40歳代の女性にもよく見られる病気です。関節が変形したり痛みがあったりと、日常生活に影響する可能性があります。

・乳がん
乳腺に出来る悪性の主要であり、約半数が乳首より上の外側に出来ます。30代から急激に発症件数が増加し、女性が最もかかりやすいガンとなっています。

※40歳代がかかりやすい病気

・帝王切開 ・異常分娩 ・子宮筋腫 ・子宮内膜症 ・子宮頸がん ・子宮体がん ・卵巣がん 
・バセドウ病 ・乳がん  ・関節リウマチ  ・全身エリテマトーデス

乳がんにかかる確率がとても高くなります。欧米と異なり日本では閉経前の乳がんが多く、40歳代後半から50歳代にかけてがピークとなっています。

※50、60歳代がかかりやすい病気


・子宮筋腫 ・子宮体がん ・卵巣がん ・バセドウ病 ・関節リウマチ

・卵巣がん
卵巣がんは40歳代から増加し、50歳代後半でピークとなります。卵巣は腹部にあり自覚症状があまりないため、卵巣がんと診断されたときにはすでに卵巣から周囲まで広がっていることもあります。

・子宮体がん
子宮がんのうちの子宮体がんも、50代以降の閉経後の女性に多いガンです。子宮体がんは近年増加傾向にあります。

(参考:ABCおかあさん保険)

「健康診断」

健康診断は、会社にお勤めしている方で、そちらで健康保険に加入していると何らかの健康診断を受けられます。費用は加入している保険により、自己負担額が異なります。年齢により受ける診断の内容が異なることが多いようです。
女性の病気の検診も付加検診となっている場合がほとんどです。
ご自身が職場で健康保険に加入していない場合は、ご主人の健康保険に加入していることがほとんどなのでそちらで健康診断を受けることが出来ます。もし、受けていない場合は確認してみるとよいでしょう。
国民健康保険に加入している方は、自治体で実施している検診を受けることが出来ます。集団で受けるものもあれば、自分で病院に行って受けるものもあるので、わからない場合は役所で聞くと教えてくれます。

「女性のための検診」

この頃は、女性のための検診・人間ドッグなどを専門医行っている医療機関も出てきています。医師、スタッフ全て女性でゆったりと検診を受けられるところもあるようなので、調べてそちらで受診してみるのも良いですね。
女性専用の医療機関では女性特有の病気の検査が充実していることが多いので、心配な方はそちらでの検診が良いかもしれません。
医療機関によっては、曜日によって女性専用の日を設けている場合もあるので、よく調べてご自身にあった医療機関を探してみましょう。
健康診断を受けるのは、意外とドキドキするものです。病気が見つかったらどうしようとしり込みしてしまうこともあるかと思います。でも、一番怖いのは病気がわからないうちに進行していることです。健康診断を受けていないあなた、すぐに診断を受けてみましょう。

 

41882ba9cecb866cc29a2a651f8b86e3_s

  (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)