ダイエットやアンチエイジングの大敵ともいえる糖質。普段の食生活の中で制限している人が多いのではないでしょうか。そんな人にとって「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」「カロリーオフ」「カロリーゼロ」などという表示は心惹かれるものがありますよね。しかし、糖質ゼロと糖類ゼロの違いを理解しているという人は少ないかもしれません。そこで、今回は糖質ゼロと糖類ゼロの違いと甘味料との付き合い方についてお話したいと思います。

【糖質ゼロと糖類ゼロの違い】

糖質ゼロと糖類ゼロ、どちらも同じ意味のように感じてしまいますよね。その違いを明確に説明できる人は少ないのではないでしょうか。それぞれの意味を解説していきましょう。

◆糖質ゼロとは?

栄養表示基準によると、糖質とは炭水化物から食物繊維を除いたものの総称であるといわれています。

◆糖類ゼロとは?


栄養表示基準によると、糖類とは単糖類と二糖類の総称であるといわれています。
単糖類とはブドウ糖、果糖などのことを指し、二糖類とは砂糖、乳糖、麦芽糖などのことを指します。

つまり、糖質ゼロは糖類ゼロより含まない糖質がより多いことになります。そして、どちらも甘味料を含まないという意味ではないためその点注意が必要です。

【注意したい人口甘味料】

糖質ゼロ、糖類ゼロなどと表示されている食品の多くに含まれているのは人工甘味料です。人工甘味料とは文字通り、人工的に合成されて作られた甘味料のことを指します。人工甘味料は血糖値を上昇させたり、インシュリンを分泌することがないため糖尿病になるリスクを下げる効果があるとされてきました。しかし、その一方で逆に糖尿病のリスクが増したという実験結果が発表されていたり、体重を増加させる可能性が指摘されるなどその存在が昨今疑問視されています。

また、人工甘味料はその依存性の高さが危険視されており、その依存度はコカイン以上ともいわれています。つまり、人工甘味料をよく摂取していると、もっと甘いものを欲しくなることに。しかも人工甘味料は砂糖以上の甘みを感じる傾向にあるため、砂糖以上の強い甘みを持つもの、人工甘味料をもっと欲しがるようになるといわれています。人工甘味料の中には腎臓機能低下やうつ症状、そしてがんをまねく危険性が指摘されているものまであります。これらのことから人工甘味料の摂取には注意が必要です。

【天然の甘味料ならば安全性が高いのか?】

人工甘味料の危険性を知ると天然の甘味料を選べば安全なのではないかという発想になりますよね。しかし、天然甘味料ならば必ずしも安全であるとはいえないのが現状です。そこで、注意したい天然甘味料についてお話ししたいと思います。

◆砂糖より怖い!ブドウ糖果糖液糖とは?

炭酸飲料やスポーツドリンクなどの甘い飲み物の多くに含まれているブドウ糖果糖液糖は、トウモロコシから作られたシロップ。砂糖以上に怖い甘味料であると指摘されています。なぜなら、砂糖以上に急激な血糖値の上昇をまねくといわれているからです。急激に血糖値が上昇すると、老化促進物質AGEを産出し、老化を促進させるといわれています。天然甘味料ならば安全とは過信せず、食品を購入する際は裏面の食品成分表の表示をチェックすることを心掛けましょう。

スーパーなどに買い物に行くと、「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」「カロリーゼロ」「カロリーオフ」などといった魅惑的な表示が目立つ商品が豊富に販売されるようになりました。しかし、そういった表示に惑わされるのではなく、私たち消費者も食品の成分に正しい知識を持ち商品を選定することが求められる時代になったのではないでしょうか。この機会に食品との付き合い方について見直されてはいかがでしょうか。

歳を重ねて体型が気になる方に…!黒の力で健康キレイ「黒美妃」

9b3a8f84097ff8740f3193b79d4e12b3_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)