胃の中に棲む細菌としてよく耳にするピロリ菌。漠然と知ってはいても、どんな菌かを知らない方も多いのでは?
胃がん患者の98%がピロリ菌保菌者という報告もあるピロリ菌について、今回ご紹介します。

【ピロリ菌ってどんな菌?】

ピロリ菌の正式名称は、「ヘリコバクター・ピロリ」で、人の胃の中に生息する細菌です。強い胃酸で守られている胃の中には、細菌が棲むことはできないという定説を覆したウォーレン博士とマーシャル博士により、1980年代に発見。ピロリ菌が胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの原因であることが突き止められました。日本では、年間およそ5万人が胃がんにより死亡していますが、胃がん患者の98%がピロリ菌保菌者。先進国の中でも際立って高い感染率で、50代以上ではおよそ80%の人が、ピロリ菌に感染しているといわれています。

ピロリ菌はどのように感染するの?

ピロリ菌は5歳ぐらいまでの幼少期に、ピロリ菌保菌者の親が口移しで物を食べさせることで、人から人、特に母子感染することが多いといわれています。大人になって感染することはありませんが、親世代の80%がピロリ菌に感染していることを考えると、皆さんも積極的に検査を受けて、自分の胃の中にピロリ菌がいるかどうかを確認することをおすすめします。

ピロリ菌はどんな病気と関係しているの?

何となく胃の調子が悪いと感じている人だけではなく、胃は丈夫と思っている自覚症状のない人にもピロリ菌が見つかることがあります。萎縮性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍や胃がんなどの病気の原因であったり、関連することがわかっています。

ピロリ菌はどうやって検査・除菌できるの?

内視鏡検査で「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」と診断された人は、保険を使ってピロリ菌の検査・治療を受けることができます。検査は内視鏡検査だけでなく、内視鏡を使わずに呼吸や尿、便などから検査をする方法があります。胃がんのリスクをみるABC健診というのもあります。また、ピロリ菌除菌は、3種類の薬を朝夕2回、7日間服用するだけで行えます。

ピロリ菌を除菌する方法には、どんなものがあるの?

◆薬による除菌治療

内視鏡検査
内視鏡で慢性胃炎と診断

ピロリ菌の診断方法
内視鏡による検査(3種)、抗体測定(血液・尿)、尿素呼気試験(呼気)、便中抗原測定(検便)

ピロリ菌一次除菌(7日間)
3つの薬剤を1週間、朝夕服用。
「胃酸分泌抑制剤」プロトンポンプ阻害薬、「抗生剤2種」アモキシシリン、クラリスロマイシン

除菌判定試験
除菌治療4週間以上経過後

除菌失敗の場合
二次除菌(抗生剤を変えて実施)
プロトンポンプ阻害薬、アモキシシリン、メトロニダゾール

近年大問題なのが除菌率の低下

かつては、ピロリ菌の一次除菌成功率が80~90%でしたが、現在は70%までに低下しています。これは、呼吸器感染症などに処方される、クラリスロマイシンに耐性を持つピロリ菌の増加が原因と考えられています。そこで、数千種類の乳酸菌の中から、ピロリ菌を抑える性質のある菌として選び出されたのが、LG21乳酸菌。LG21乳酸菌は、ピロリ菌の活性を抑える性質があり、胃酸に強く、胃内滞在性にも優れています。除菌治療と併用して、LG21乳酸菌を摂取すると除菌率がアップするので、手軽な方法としておすすめです。

服薬後は、除菌が成功したかどうかの確認、そして除菌成功後も定期的な検査が大切!
ピロリ菌の除菌に成功しても、胃がんリスクがゼロになるわけではないので、きちんと定期的に検査することが必要です。

1日わずか1粒中に乳酸菌が7種類、なんとヨーグルト34個分!【生命の乳酸菌】

fef1d8b97ca1b27326cbcc66bcbcb10f_s



 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)