オリンピックのスノーボードなどで選手の口の中がカラフルな色をしているのを見かけた事があると思います。瞬発力の発揮されるスポーツで、歯に瞬間的にかかる力は体重の何倍もあると言われ、その力は時に何トンにもなることもあります。
日本ではまだスポーツをするうえでマウスピースをつけることが習慣になっていませんが、歯を大事にする海外先進諸国ではスポーツをするときにマウスピースを付ける方が非常に多いです。

スポーツによっては試合時にマウスピースの装着が義務付けられているものもあります。
車のレースなどで、カーブで力を入れたときに、奥歯が割れるなんてこともあるぐらい、集中してぐっと噛みしめたときに歯にかかる力は大きく、負担も大きいのです。接触のあるスポーツでは歯が相手選手や自分の唇などに刺さり損傷することもあるため、歯を保護するだけでなく相手や他の部位も保護する役割を持ちます。

【スポーツマウスピースとは?】

歯につけるマウスピースのなかでも、スポーツ専用に作られたマウスピースで少し厚い弾力のある素材で作られています。歯と周辺組織の外傷を予防するために開発されましたが、運動能力やパフォーマンスの向上の効果も期待されています。

取り外しが可能で、色やデザインも自由に選べます。
市販されているものもありますが、スポーツするときにはかみ合わせが重要になるので歯科医院で自身の歯ピッタリに作られたものを使用する方がいいでしょう。
左右均等に奥歯で一番ぐっと噛めるように最後に微調整しますが、この調整が重要になります。

【スポーツマウスピースの効果】

まず、選手自身のけがの予防に役立ちます。接触の激しいスポーツでは、口腔粘膜の損傷や歯の損傷、顎の骨折など様々なリスクがありますがこれらを防ぐ効果があります。
マウスピースを装着することで、衝撃を緩和できますので、顎の関節への衝撃を最小限に抑えます。顎の関節の骨は強い衝撃で骨折することもしばしばみられるため、衝撃緩和にも役立ちます。

他にも、選手自身の運動能力のパフォーマンスの向上の効果も期待されています。奥歯で均等にグッと力を入れられるように調整するため、瞬発力が発揮しやすくなるのかもしれません。残念ながら、科学的に運動能力の向上は証明されているわけではありませんが、マウスピースをつけている安心感は少なからずプラスに働くのでしょう。
野球選手も遠征前にいくつか作る方もいますし、ゴルフされるかたでマウスピースを入れていると安定してよく飛ぶと言われる方もいます。

【どのようなスポーツに使えるの?】

マウスピースが義務化されているスポーツは、ボクシング、キックボクシング、ラクロス、ホッケー、アメリカンフットボールなどがあります。
他にもマウスピースを推進している競技は沢山あり、体操、トライアスロン、スノーボード、ハングライダー、テニス、水泳、空手などなど数え切れません。
接触の競技以外でも、自身の歯を守る意味でどの個人競技でも使えます。しかし、試合の場合、マウスピースの使用が認められない競技があるので注意が必要です。

【どのように作るの?】

基本は歯科医院での制作になるので、その場合を説明します。来院回数は基本2回です。その後使ってみての微調整が必要な場合にはプラス1,2回の来院が必要になります。

1回目に歯型の採得を行います。その際、口腔内診査やクリーニング、デザインの打ち合わせや色の選択も一緒に行うことがあります。
2回目にはもう出来上がり、マウスピースを受け取りる事が出来ます。その日にマウスピースのかみ合わせの微調整や写真を撮ることがあります。

その後は使ってみて不具合があれば微調整が必要な場合もありますし、どちらにしてもメンテナンスは必要なので定期的にマウスピースでのかみ合わせの具合をチェックするのが理想的です。
値段は歯科医院ごとに異なりますが基本的には20000円から60000円くらいが相場になります。市販のものよりは高くなりますが、かみ合わせが調整されているものと調整されていないものでは顎への負担体への負担が大きく違ってきます。



29cb7d6f67e5ef4183bbffa3aa90b0ef_s
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)