今やネイルをしている女性はあたりまえ。と言っても過言ではないでしょうか。ここ数年ネイルサロンの数も増えて昔より手軽にネイルを楽しむことが出来るようになりました。でも、爪は健康のバロメーターでもあります。
ネイルをしなれてしまうと自爪では何となくさびしい気もしますが、たまには何もない状態で健康チェックをしてみませんか。何か見つかるかもしれませんよ。


「爪って」

爪は皮膚の一部で、角質が変化したものです。爪はケラチンというタンパク質でつくられています。皮膚の一部が変化したもので、肌と同じ成分と言ってもよいでしょう。爪の異常は爪を形づくる部分に外傷や炎症、感染、栄養不良などの原因が加わって起こります。
爪が割れやすくなった、表面がデコボコになっている、最近2枚爪になることが多い、いつもと色が違うなど見つけたら何か体に変化が起きているのかもしれません。

「爪の状態で健康チェック」

●爪の色

・白っぽい  爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)、貧血、ネイルなどによる刺激 、肝臓の病気
・緑色 緑膿菌(りょくのうきん)などの細菌により感染
・黄色 老化、水虫、カンジダ、肺や気管支の病気、リンパ浮腫
・赤黒い色 肝硬変、肝臓病、ホルモン異常、
・赤 色 多血症、脳血栓、心筋梗塞

●爪のシワ(線)

・縦シワ 老化現象 
・横シワ 大病や栄養障害で詰めの成長が抑えられたことを示す

●爪の形状

・爪甲剥離 爪甲がもろくなり、はがれる
・点状陥凹 円形脱毛症や尋常性白癬に伴い、粟粒上の陥凹が現われる
・時計皿爪 爪がドーム状に指先を覆う 肺、血管、消化管の疾患による
・さじ状爪 爪が凹んでスプーン状になる 鉄欠乏性貧血
・2枚爪 感想や外部からの衝撃が原因 冷え性の人、水仕事が多い人はなりやすい


「栄養不足による爪の状態」

・爪がもろい、うねりがある ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パンテトン酸
・爪が反り返る 鉄分
・乾燥して割れやすい ビタミンA カルシウム
・白い点がある 亜鉛
・異常に乾燥し黒ずむ ビタミンB12
・ささくれ たんぱく質、ビタミンC 葉酸


「つけ爪、ネイルアートも注意して」

とてもおしゃれなつけ爪やネイルアート、女性なら誰でもしてみたいものです。今ではかなりの女性が楽しんでいますね。マニキュアと違って落ちにくいのも人気の秘訣となっています。ただし、様々な被害が国民生活センターに寄せられており、注意喚起がされているのも事実です。

【事例1】

携帯電話のサイトで広告を見て、個人のネイルサロンでつけ爪をした。普通の半分以下の値段であったが、施術中にうまくいかず何回もやり直した上、翌日から剥がれ始めるなど満足のいかない出来であった。
つけ爪が肉に食い込み血豆状になっている箇所もある。苦情を伝えたが無視されている。

【事例2】

美容院で「爪にやさしい。1 ヵ月半もつ」と言われジェルネイルをした。1 週間ではがれてきたのでやり直してもらったが、やはり1 週間ではがれた。3 回やり直してもらったら爪が乾燥して表面がはがれ痛みが出た。
皮膚科では「ジェルネイルのリムーバーは爪に良くない。1 ヶ月で3 回もやり直し、リムーバーで爪が痛んだ可能性が高い」と言われた。元に戻るのに半年くらいかかるらしい。

同センターは消費者へのアドバイスとして、

・つけ爪は爪にとっては負担がかかるものであることを認識しましょう
・つけ爪用の接着剤や用材は、かぶれや化学やけど、引火に注意しましょう
・施術時の衛生管理はしっかり行い、異常を感じたらすぐに受診しましょう
・サロン選びにも注意しましょう
・時々は爪を休ませましょう

としています。これらを守るようにして楽しむようにしましょう。

爪でチェックできる簡単な健康チェック。いつも目にすることが出来るところです。ネイルアートを楽しむのも女性の楽しみの一つですが、たまには爪を休ませて健康チェックしてみましょう。簡単に出来ることです。
いつもの健康な爪の状態を覚えておいてチェックするくせをつけましょう。




GREEN_cyomecyome-thumb-815xauto-18682
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)