「グルテンフリー」。この言葉の意味を知っていますか?食事や健康に敏感な方にはすでにおなじみのキーワードかもしれません。グルテンとは、小麦や大麦、ライ麦などに含まれるたんぱく質の一種で、それを接種することでアレルギーや、セリアック病、腸疾患などが引き起こされることがあるといわれています。

グルテンフリーとはグルテンを抜く食事療法のことで、小麦製品であるパン、シリアル、パスタ、クラッカー、カクテル等の代わりに米粉や澱粉、そば粉などを使って食事をしていきます。

【グルテンが良くない理由】

グルテンのデメリットを理解するうえでキーワードのひとつとなるのが「グリアジン」。グリアジンはグルテンの中に含まれる成分がで、脳内で麻薬のような働きをして食欲を刺激します。パンやスイーツは食べだすと止まらない!という現象はこのために起きていると言われているのです。

また、グルテンによって小腸が刺激され、栄養が肌まで十分に行き渡らなくなり、肌荒れやニキビの原因にもなります。肌の老化を進める原因「糖化」をも促し、皮脂腺の分泌も盛んにしてしまうのです。

肌荒れがひどい、ヤル気が出ない、いつも疲れている、生理不順などの症状がある方は知らないうちにグルテン過敏症になっている可能性もあります。ンやスイーツ、ビールなどを控え、体調の変化をみてみるのも良いかもしれません。


【グルテンを含む食品】

グルテンを含む食品を見直してみましょう。グルテンは意外なものにも含まれており、普段の生活の中で、高頻度でグルテンを摂取していたことに気づかされます。

・小麦、大麦、ライ麦を含むもの

パン、パスタ、マカロニ、ピザ、ラーメン、うどん、素麵、餃子の皮、麩、スポンジケーキ、クッキーなど。これらは小麦粉が主材料となっているのでわかりやすいと思います。

・揚げ物、天ぷら

 揚げ物の衣に小麦粉が使われているのは知っていますか?さくさくとした食感は小麦粉により作られているのです。

・そば

パスタやうどんだけではなく、実はそばにも小麦粉が使われています。そばはそば粉と小麦粉を混ぜて作られていることが多いです。割そばはそば粉100%なのでOKです。

・ビール

 ビールの成分は麦芽。グルテン主体の飲み物です。最近はダイエット志向によりグルテンフリーを謳うアルコール飲料も多く出てきましたが、実際に手に取るときは成分表示をよく確認して購入する必要があります。飲食店で飲むビールにはグルテンが含まれている可能性が高いと言えるでしょう。

・醤油

醤油は、原料に大豆と小麦が1:1で含まれるものがほとんど。醤油に含まれる小麦は醗酵・貯蔵の過程でグルテンの成分はなくなる、ともいわれますが、醤油でアレルギー症状が悪化する人がいるのも事実です。小麦を使用していない醤油もあるので、気になる人はそちらを購入することをおすすめします。

このように、主材料以外で小麦はたくさんの食品の製造過程で使われており、知らない間に私たちの体内に入っているのです。

 

【グルテンフリーの食事ルール】

守ることは2つ!

  • グルテンを含む食材を取らない。

②毎食タンパク質を取る。

 

では、実際にどんなものを食べたらいいのでしょうか?

・主食…ご飯(米)、餅、ソバ粉100%の十割そば、米粉製品。和食でも小麦を含むそばやうどんはNG。

・おかず…餃子の皮、天ぷら、フライも禁止です。小麦粉が使われてないものならなんでも大丈夫で、必ず肉、魚、大豆製品などのタンパク質は摂るようにしましょう。

・調味料…一般的な醤油、ケチャップ、ソースにはとろみをつけるためや原材料に小麦を使われているのでNG。米味噌はOKです。

・おやつ…小麦粉が使われていなければ、その他の制限はありません。和菓子は大丈夫。チョコレート、プリン、ゼリーなども大丈夫です。

 

グルテンフリーは、もとは小麦アレルギーを対象とした食事療法のひとつでしたが、今は「食べて痩せるダイエット」としてグルテンフリーダイエットが有名になってきています。グルテンを完全除去するのはとても難しいことですが、まずは主材料が小麦の食品を抜いた食事から始めてみましょう。


【グラマラスリム・プエラリア】

4273700175_c3e1d20a53_o

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)