毎年冬になると猛威を振るう憎き「インフルエンザ」。
予防接種をした方がいいのかどうか。するとしたらいつ受けたらいいのかなど。迷う事も沢山あります。予防接種をしたからと言って全くかからないというわけでもありません。やはり予防対策はしておいた方がよいのです。
小さなお子さん、妊婦さん、お年寄りがいるご家庭ではなおのこと、また、受験生を抱えているご家庭も気にかかりますね。家庭で出来る対策、そしてかかってしまった時のことについて考えてみましょう。

「インフルエンザ」とは

◆インフルエンザと風邪の違い

風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。 一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突然現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

◆いつ流行するの?

インフルエンザは流行性があり、いったん流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が拡がります。日本では、例年12月~3月頃に流行します。
(出典:厚生労働省 ホームページ)

「インフルエンザの予防について」

インフルエンザの感染経路

インフルエンザウイルスの感染経路は、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つがあります。
飛沫感染では、感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫から感染します。
接触感染は、感染者が自分の持っているウイルスが手についている状態で、周りのものに触れてウイルスが付き、そこを別の人が触ることにより、その人の口や鼻の粘膜から感染します。エレベータ―のボタン、スイッチ、ドアノブ、つり革などから付着することが多いようです。

◆インフルエンザから身を守る

①手洗い

まずは手洗いです。当たり前のことなのですが、基本はここです。帰宅時、調理の前後、食事前などこまめに手を洗う事です。そしてウイルスは石鹸に弱いので正しい方法で石鹸を使いましょう。

【正しい手洗いの仕方】
1.流水で良く手を濡らした後、石鹸を付け手のひらをよくこする。
2.手の甲を伸ばすようにこする。
3.指先、爪の間を念入りにこする。
4.指の間を洗う。
5.親指と手のひらをねじり洗いする。
6.手首も忘れずに洗う
7.最後に水で石鹸をよく洗い流し、清潔なタオルやペーパータオルでふき取って乾かす。タオルの使いまわしはやめた方が良いでしょう。

②健康管理

インフルエンザをはじめ様々なウイルスは免疫力が弱っていると、感染しやすくなります。また、感染した時に症状が重くなってしまうおそれもあります。普段から栄養と睡眠を十分に取って免疫力を高めておきましょう。

③予防接種

インフルエンザの予防接種については、色々と迷うところもありますが、インフルエンザワクチンは、感染後に発病する可能性を低減させる効果と、インフルエンザにかかった場合の重症化防止に有効と報告されています。
インフルエンザの発症と重症化を抑える効果はあるということです。そもそもインフルエンザワクチンは、接種を受けた人の体にウイルスを排除する抗体を作り、同じウイルスが入ってきたときにそれを攻撃して発症や重症化を抑えるものなのだそうです。

④部屋の湿度を適度に保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

⑤人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

「インフルエンザ」かなと思ったら・・

早めに医療機関を受診しましょう。
インフルエンザと診断されたら、安静にしてこまめに十分水分補給をしましょう。
薬は医師の指示に従って正しく服用しましょう。抗インフルエンザウイルス薬の服用を適切な時期(発症から48時間以内)に開始すると、発熱期間は通常1~2日間短縮され、ウイルス排出量も減少します。
なお症状が出てから48時間以降に服用を開始した場合、十分な効果は期待できませんが、医師の指示(用法や用量、服用する日数など)を守って服用してください。

「他の人にうつさないために」

熱が下がっても、インフルエンザウイルスは体内に残っています。周囲の人への感染を防ぐため、熱が下がった後も、インフルエンザウイルスの潜伏期間があるので、数日は学校や職場などに行かないようにし、自宅療養することが望ましいでしょう。
また、マスクを着用して使用後のマスクは放置せず、蓋のついたゴミ箱に捨てましょう。鼻をかんだティッシュも同様に。感染者もこまめに手洗いをしてウイルスを周囲に付着させないように心がけましょう。

これから寒くなると「インフルエンザ」にかかる人も増えてきそうですね。出来る事ならかかりたくありませんから、対策をきちんとして「インフルエンザ」とは縁のない冬を過ごしたいものですね。
 



a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)