「認知症」に効く食品などとTVで特集すると次の日にはその品物がスーパーの棚から消えてなくなるほど、世間の注目をあびている「認知症」。
もちろん誰だってなりたくてなるわけではありませんし、何か悪い習慣があったためになるのではありません。
人間誰しもが、なりうる可能性があるのが「認知症」です。色々と研究も進んでいるようですが、なかなか「認知症」が治るという所には至っていないのが現状です。ならば、なるべくならないようにしたいと思いませんか。


「認知症」

かつては「痴呆症」と呼ばれていましたが、今は「認知症」と呼ばれています。
いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は推計15%で、2012年時点で約462万人に上ることが厚生労働省研究班の調査で明らかになっています。認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されています。65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”となる計算です。


「認知症」の種類

●アルツハイマー型認知症
●脳血管型認知症
●レピー小体型認知症
●前頭側頭型認知症

このうち約60%はアルツハイマー型認知症が原因で、約20%は脳血管型認知症によるものとされています。

特に多いアルツハイマー型認知症についてみてみましょう。
アルツハイマー型認知症の発症と進行は比較的緩やかですが、放置すれば確実に悪化していきます。アルツハイマー型認知症の特徴としては、認知症状の起こる数年前、比較的早い段階でその診断が可能であるということです。紙に立体図形がかけない、時計の図に針を記入できないなど、特徴的な変化が認められます。
発症時期は、若年性の場合40歳代から発症することもあり、早く進行します。症状は人や物の名前を忘れるなどの記憶障害から始まりますが、その数年前から軽い人格の変化がおこることがあります。具体的には頑固になる、怒りっぽくなる、情緒を解さなくなるなど不穏な性格に変化することが多いようです。


「認知症」の予防

高血圧と糖尿病はアルツハイマー型認知症の危険因子の一つです。これらは生活習慣病の代表的疾患ですので、生活習慣病の予防がアルツハイマー型認知症の予防につながると言っても過言ではありません。
食事、運動、睡眠、嗜好などは、生活習慣病の発症予防に関連しますが、これらがアルツハイマー型認知症や脳血管性認知症などの予防にも関連することが、学術誌等の論文に紹介されています。
つまり、健康的な生活が認知症の予防につながるという事ですね。生活習慣病対策をしていることで自然と認知症予防対策にもなるのです。

※食生活

野菜を多く摂る。野菜をたくさん摂ることはどんな人にも大切な事です。
お肉より魚を食べましょう。特にアジ、サバ、サンマ、イワシと言ったいわゆる青魚が良いようです。これは魚の脂のDHAが脳の活性に良いという研究結果からです。適度に赤ワインを飲むのも、赤ワインに含まれているポリフェノールが脳の活性化に良いと言われています。
過度の飲酒はNGです。1日3杯のコーヒーが脳の活性化に良いとの報告があります。これはコーヒーに含まれるカフェインやマグネシウムが認知機能に良いとのことです。
能を老化させない食べ物としてオリーブオイル、カカオ、カレー(クルクミン)、ココナッツオイルが良いとされています。最近話題の亜麻仁油も生活習慣病予防に良いのでおすすめです。

※有酸素運動

ウォーキングなどの有酸素運動は細胞を活性化させてくれます。1日1回はウォーキングをしましょう。30分くらいするとよいですね。

(参考:認知症ネット)


誰しも「認知症」にはなりたくありませんね。まだまだ未知のことも多いようですが、イイと言われることはしておいて損はありません。
生活習慣病の予防にもなるのですから。今日から健康的で脳の老化をさせないような生活をしましょう。

新DHAサプリ「アルツナイン」

OZPA87_megaitaindesu20130707-thumb-815xauto-17179
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)