日に日に寒くなるこの季節。気温の変化に身体がついていけず、風邪をひいてしまったりして体調を崩してしまう人も多いのではないでしょうか。
暖かい格好をして身体を冷やさないようにする、温かいものを飲む、バランスの良い食事に質の良い睡眠をとること…これらは健康を維持するためにすると良いとされる基本のことですが、忘年会など外食が重なる12月。
寒くて身体が冷えていてなんとなく不調…そんなときにおうちで少し簡単なヨガをしてリフレッシュしてみませんか?
実際にやっている写真がなくても分かる簡単なおうちヨガをいくつか紹介してみようと思います。


△ヨガの魅力

ヨガはジムやスタジオへ行ってすることが多いですが、簡単なものであれば自宅で気軽に好きな時間にすることができます!
ヨガをすることでリフレッシュ。また寒くて硬くなっている筋肉や関節をほぐしましょう!呼吸を静かにする、そして意識して背筋をちょっと伸ばすだけでも気持ちが良いですし、体が何となくダルイし重たい…といったものが自然と取れて不思議と心と身体も一緒に軽くなることができますよ♪
少しの時間でもいいのでおうちヨガをすることで自然と体の調和がとれた状態に戻していくことが出来ます。忙しい年末にわざわざスタジオなどへ行かなくても済みますよ。手軽に日々の生活の中に取り入れてみませんか?


△身体が硬くても大丈夫!

硬かったらヨガには向いていない…これは単なる「思い込み」です。身体が硬くてもヨガはできます。ヨガの本来の目的はポーズをとることではないからです!1日5分からでもいいのでチャレンジしてみましょう!

★猫のポーズ

●壁に両足をつけてよつんばいになりましょう。肩幅に両足を開き、足の指を軽く開いて壁につけてよつんばいの姿勢になります。そのままひと呼吸します!

●先ほどのよつんばいのポーズから足はそのまま壁につけたまま、手を交互に前へ出していきます。体の前方に手を動かしながらゆっくりと胸を床につけていきます。(まるで猫が伸びをしているようなかたち)

●ゆっくりと息を吐きながらあごと胸をゆっくり床に下ろしていきます。胸を気持ちよく開くために肩は背中側に引いてぐーーっと伸ばしましょう。

※このとき、あごを床につけるのがつらい、という人はおでこを床につけるとラクですよ。
※手の小指で床を押すようにして胸を体の外側に少し回転してみてください。胸が床につきやすくなります!

★下半身の循環をよくするポーズ

そけい部がほぐされて気持ちがいいストレッチです。寒い時期は関節が硬くなるやすいのでこれはおススメ!そしてむくみも解消されます!

★脚を前後に大きく開くポーズ

●壁に背中とかかとをつけて立ちます。大きく息を吸いながら左足を大きく前に踏み出します。右ひざは床につけて左ひざは曲げて立てます。手は前足の横にそれぞれついてバランスをとりましょう。

●一度息を吐きます。そして次は息を吸いながら曲げていた左足を伸ばし、上半身を持ち上げます。両手は腰に。(骨盤にあててみましょう)

●次は左ひざをゆっくり曲げながら腰ごと下げていきます。右足はかかとで壁を押すイメージで…起き上がります。これでバランスがとれたら手を合わせて頭の上に上げ、一度ゆっくり息を吐き、さらにこのままポーズをキープしながら呼吸を繰り返しましょう。

●これを反対側の足でも同じようにやります。


いかがでしたか?今回はベーシックな簡単なものだけを紹介しました。お風呂あがりにこれを1セットやるのを習慣にするだけでも関節が伸びて気持ちがいいですよ。寝起きのときでも血液やリンパの流れが良くなっておススメです!ぜひ、気軽にトライみてください☆



3001d807193d42ba64319be7861cf497_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)