冷えは万病の元と言われています。冷えがもたらす不調として、以下のようなものがあります。

・体が重だるい
・疲れやすい
・自律神経失調症
・新型うつ

婦人科系疾患も冷えが要因となる事もありますし、将来出産を控えている場合は、早めの冷え性対策、温活が大切と考えます。

冬に限らず1年中冷え性で悩まれている方が多い様に思います。
私もOL時代、冷房の効きすぎた部屋でのデスクワークは本当に辛く、ひざかけが手放せませんでした。

この様に冷えを招く環境も問題ですが、自身でも冷えを招く食事をしていることも事実です。
以前、私の中医学の先生から日本人は冷たい物を摂り過ぎると指摘されました。

例えば、中国では飲み物はほぼ常温以上だそう。ビールも生ぬるい物が出てくるそうですが、それが当たり前!?日本ではビールはもちろん、グラスまでキンキンに冷えた物が出てきますね。
仕事の後の冷えたビールは最高ですが、これは明らかに冷えを招いてしまいます。
特に飲み物は咀嚼することなくダイレクトに体内に入って行きますので、内蔵をとても冷やします。(ビールは喉越しとも言いますが、冷えたビールは怖いですね…)

ジュースも同様です。
特にこの数年、綺麗になりたいと願う女性の間ではジュースが流行りました。
このジュースが厄介でして、大変身体を冷やすのです。
そもそもジュースの材料となっている、フルーツや野菜自体が身体を冷やす作用のものが多いのです。

中医学の考えでは、食物には身体を冷やす性質、身体を温める性質、どちらでもない作用である穏やかな性質の食材に分かれます。
夏野菜(特にサラダとして生野菜で摂る事が多い、レタス・トマト・きゅうりなど)、果物類(スイカなどの瓜類や、バナナなど南国が原産地のもの)は身体を冷やす寒性、涼性の性質があります。
更に先ほど記載の通り、冷えた飲み物はダイレクトに体に入ってくるというダブルパンチ!なのです。

とはいえ、野菜をたくさん取る事が出来るジュースは魅力的。代用としておススメするのはスープです。
調理時間短縮のためにも野菜は少し小さめカット、朝起きてすぐに火をかけ、身支度、火の通りやすい野菜であればそんなに時間がかからずすぐに食べられます。
このスープの中に、身体を温める作用のある生姜、ネギなど、いわゆる薬味と言われる食材を少し加えてみてください。身体がぽかぽか温まってくることが実感できると思います。

この様に、日常に冷えを招く要素が多々ありますが、食生活など自ら冷えを招いているケースもあるんですよ。
下記の通り簡単にできる今日からやめること、気を付けたいことを纏めてみましたのでご参考になさってくださいね!

サラダや生野菜は控える(サラダはできるだけ温野菜で)
飲み物は基本的に温かいもの(基本常温以上、飲み物に氷入れない)
喫煙はやめる
首と言われる場所は冷やさない(血行が悪くなる)
ストレッチ、ヨガなど身体を気持ちよく伸ばす
ウォーキングを日課に

特に冬はたくさん汗をかくジョギングよりも身体がぽかぽかに感じるほどのウォーキングがおすすめです。特に年末年始は美味しいものをいただく機会が多く、冬太りが気になる季節。意識して一駅分歩いてみるのもいいかもしれません。
 
前途で申し上げましたが、身体には温める作用の食材があります。代表例として、シナモン、生姜が挙げられます。
これらは飲み物にいれたり手軽に取り入れることができる食材です。冷えるなーと思ったら紅茶にシナモンや生姜をプラスしてみてください。
スパイスとして小瓶に入ったものが売られていますね。私はこちらを常備して、冷える朝の紅茶に一振り、休憩タイムのカフェオーレに一振り・・・というように密かに温活をしています。

皆様も無理なく取り入れられるような、簡単なことから是非温活をはじめてみて下さいね。



01ed8f2b9bd22f25f9b4ea14adcf3568_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)